仕事&マネー 貯蓄がない人でも投資していいの?お金を貯める順番とは

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。新型コロナの感染拡大が止まりませんね。これまで以上に感染予防に努めつつ、元気に過ごしたいです。

さて、最近は、つみたてNISAやiDeCoなどを利用して投資を始める人が増えてきましたが、貯金が全くない人が投資をしても良いかというと、そうではありません。今回は、お金を貯めるための順番についてお話します。

貯蓄ゼロの人は不足の事態に備え、まずは生活費の3ヶ月分を貯める

これからの時代、お金を増やすには、投資の力を借りることが必要です。ただし、中には投資をしない方が良い人もいます。それは、貯金が全くない人です。

人生は順風満帆な時ばかりではありません。病気やケガをして働けなくなってしまったり、勤め先の企業の業績が悪くなってしまってお給料が減ってしまったり、リストラにあってしまうこともあるかもしれません。そんな時にまったく貯金がないと不安ですよね。

ですからまずは、不測の事態に備えて、最低でも生活費の6ヶ月分を預貯金で貯めましょう。仮に生活費が20万円の人は、目標金額は120万円になります。

とはいえ、貯金ゼロの人が生活費の6ヶ月分を貯めるとなると、長い年月がかかってしまいますよね。そこで、3ヶ月分の生活費が貯まり、6ヶ月分のお金が貯まる目処が立ってきたら、預貯金中心に加えて、投資経験を積むために1,000円や3,000円など少額で、つみたてNISAを開始してみましょう。

つみたてNISAは、ネット証券などでは100円から投資することができます。ラインナップされている商品は、一般の人でも中長期的に安定的にお金を増やせる商品かどうか、金融庁が一定の条件を設け、その条件をクリアしたものです。そのため、投資初心者の人でも始めやすいでしょう。

生活費の6ヶ月分が貯まったら本格的に投資をスタート

生活費が6ヶ月分貯まったら、つみたてNISAでの投資額を増やしていき、上限金額になるまで増やしていきましょう。つみたてNISA の年間の投資上限金額は40万円ですから、月額にすると3万3,000円です。

つみたてNISAの投資上限金額に達したら、次に並行してiDeCoもスタートすると良いでしょう。iDeCoは、自分年金を作る制度として注目されている制度。毎月一定金額を積立で運用し、その運用成果を老後に受け取ります。iDeCoの資産は、原則60歳まで引き出すことはできませんが、積立中、運用中、年金を受け取る時に税制優遇があります。iDeCoは働き方などにより、掛金の上限金額が違いますが、iDeCoもつみたてNISA同様、上限金額まで目指しましょう。

若いうちは、ライフプランが変化する時期なので、まずは、お金が必要になったらいつでも引き出すことができるつみたてNISAを優先し、その後、余裕があればiDeCoという順番が良いでしょう。

1 2