仕事&マネー お金を使い過ぎる人に「デビットカード」がおすすめの理由

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。最近は、すっかりキャッシュレス決済が浸透してきましたね。現金を持たずに、気軽にお買い物ができることに加えて、ポイントもたまるので、キャッシュレス決済を利用する人は今後ますます増えそうです。ただし、現金での支払いと違い、つい使い過ぎてしまうという悩みを抱えている人も。

そこで今回は、キャッシュレス決済の中でも、現金感覚で利用できるデビットカードについてお話します。

デビットカードとは

そもそもデビットカードとは、クレジットカードのように後払いではなく、買い物の支払いと同時に金融機関の口座から代金が引き落とされるカードのことをいいます。デビットカードは、買い物のときに口座にお金がないと使うことができない「即時払い」と呼ばれる仕組みになっています。そのため、使い過ぎを防止できるのがメリットです。

また、基本的に入会審査も不要。一般的には15歳以上(中学生を除く)から発行できるので、クレジットカードを作れない学生でも手軽に作ることができます。

とても便利なデビットカードですが、デビットカードには、大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは、「J-Debit」(ジェイ・デビット)です。J-Debitは、金融機関のキャッシュカードにショッピング機能が付いているもので、全国の加盟店で買い物をすることができます。ですから、新たにデビットカードを作る必要はなく、入会金や年会費もかかりません。

もうひとつは、クレジットカードの国際ブランドと提携しているデビットカードです。JCBやVISAなどの国際ブランドがデビットカードを発行しています。国際ブランドと提携しているデビットカードを利用する場合には、新しいカードを発行する必要があります。年会費や手数料がかかることはありますが、その分、利用額に応じてポイントやキャッシュバックがあるなど、サービスが充実しています。

また、加盟店ならば世界中どこでも利用できます。海外で利用した場合も国内でデビットカードを利用した場合と同様、すぐに口座から引き落としされます。ただし、海外で利用した場合、銀行口座から引き落とされるのは円貨換算した金額です。現地通貨での利用額は、その時点の為替レートにカード会社が定める海外手数料を上乗せしたレートで円貨換算されます。

さらに、海外旅行に行った際は、デビットカードに対応しているATMで現地の通貨を引き出すこともできます。

1 2