仕事&マネー 将来、年金いくらもらえる?最低限チェックしておきたい「ねんきん定期便」のポイント

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。突然ですが、毎年、お誕生日の前後に届く「ねんきん定期便」を確認していますか?読者の方の中には、「見ないで捨ててしまった…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

将来、自分がどれくらい年金をもらえるのかを確認するのに最適なのが「ねんきん定期便」。そこで、今回は、「ねんきん定期便」が届いたら、最低限チェックしておきたいポイントについてお話します。

ねんきん定期便とは

「ねんきん定期便」は、年に1度、誕生月に日本年金機構から送られてきます。様式や記載内容は、受け取る人の年齢によって異なります。

基本的に「50歳未満」、「50歳以上」、「年金受給者」別に「はがき」で送られてきますが、 “節目の年齢”と定められている35歳・45歳・59歳の誕生月には「はがき」の代わりに「封書」が送られてきます。「封書」では、「はがき」より詳細な年金加入状況を確認することが可能です。

令和3年度 ねんきん定期便サンプル(50歳未満)表面
令和3年度 ねんきん定期便サンプル(50歳未満)裏面

ねんきん定期便の主な記載内容は、

・これまでの保険料納付額(累計額)
これまでに納めてきた国民年金保険料と厚生年金保険料を合算した通算の累計額がわかります。ここの金額が毎年増えているか、確認してくださいね。

・これまでの年金加入期間
年金への加入期間を知りたい時にチェックする欄です。国民年金、厚生年金のそれぞれの加入期間がわかります。年金を受け取るためには、原則として120カ月以上(10年以上)の加入が必要です。

・これまでの加入実績に応じた年金額
これまでの加入実績に応じた年金額(年額)が記載されています。

・最近の月別状況
直近1年の月別の支払状況や保険料納付額などが書いてあります。この項目に「未納」や「未加入」、空欄などがないかをチェックしましょう。例えば、結婚や転職、海外に住んでいた期間がある場合、届出を忘れていることにより、「未納」や「未加入」になっている可能性があります。

チェックしていて、「漏れ」や「誤り」があった場合には、すぐにお住まいの近くの年金事務所に相談しましょう。

1 2