仕事&マネー 意外と知らない!?iDeCoの2つの注意点とは

iDeCoの注意点1:所得税、住民税を安くするには年末調整・確定申告をする必要がある

そんなお得なiDeCoですが、意外と知られていない注意点があります。今回は2つご紹介しますが、まず1つめです。

上記でお話した通り、iDeCoでは、掛金の全額が所得控除の対象になるため、毎年の所得税や住民税を減らすことができます。ただし、iDeCoに加入すれば自動的に税金が安くなる…というわけではありません。所得控除を受けるには、年末調整または確定申告を行う必要があります。

iDeCoに加入すると、毎年10月ごろ(10月〜12月に初回の掛金の引き落としがあった場合は翌年1月ごろ)に、国民年金基金連合会から「小規模企業共済等掛金払込証明書」というはがきが郵送で届きます。会社員・公務員の方は会社で年末調整を行うと思いますが、年末調整の時に小規模企業共済等掛金払込証明書を提出して手続きをしましょう。

iDeCoの年末調整の手続きの流れは、

①勤め先から「給与所得者の保険料控除申告書」を受け取り、必要事項を記入

②「小規模企業共済等掛金控除」欄の「確定拠出年金法に規定する個人型年金加入者掛金」の欄に、1年間に支払ったiDeCoの掛金額の合計を記入(金額は小規模企業共済等掛金払込証明書で確認)

③勤め先に「給与所得者の保険料控除申告書」と「小規模企業共済等掛金払込証明書」を一緒に提出

自営業やフリーランスの方、会社員、公務員の方で年末調整で手続きし損なったという方は確定申告で手続きをしましょう。確定申告は、お近くの税務署などでもできますが、条件を満たせばパソコンやスマホからでもできます。

年末調整・確定申告の手続きをしないと、いくらiDeCoで投資したとしても、節税につながりませんので、忘れずに手続きしてください。

iDeCoの注意点2:掛金から手数料が差し引かれて運用される

iDeCoの掛金についてですが、iDeCoの最低投資金額は5,000円。働き方や企業年金があるかないかなどにより掛金の上限金額は異なります。

この掛金は、全額商品の買い付けに回される…と思いがちなのですが、実は違います。なぜならiDeCoでは、加入時と運用中に手数料がかかるからです。

iDeCoでは、どの金融機関を利用しても、加入時に2,829円(税込)の口座開設手数料が必ずかかります。また、運用中は収納手数料・事務委託手数料として、毎月171円(税込)が必ずかかります。加えて、加入する金融機関に支払う運営管理手数料もかかるのですが、運営管理手数料の金額は金融機関によって違い、無料のところもあれば年間5,000円程度かかるところもあります。

これらの手数料は、毎月の掛金の中から自動的に差し引かれます。

たとえば、楽天証券やSBI証券、マネックス証券などのネット証券では運営管理手数料が無料なので、iDeCoに加入し、月1万円の掛金を出すと、1か月目は2,829円+171円=3,000円の手数料が引かれることになります。ですから、実際の資産の買付金額は7,000円になってしまうのです。

また、2か月目以降も、毎月1万円の掛金から171円の手数料が引かれていきますので、資産の買付金額は9,829円になります。特にiDeCoを始めた月は口座開設料も差し引かれるので、「iDeCoをスタートしたらいきなり3,000円も値下がりした!」とびっくりしてしまうかもしれません。

毎月の手数料は最低でも171円と、一見少額に見えるかもしれませんが、この手数料は掛金の金額にかかわらず一定です。つまり、掛金が少ないほど手数料の割合が大きくなり、投資効率が悪くなってしまいます。

iDeCoは5,000円からスタートすることができますが、投資効率を考えると、最低でも月1万円以上で加入するのがおすすめです。また、手数料が少ないほど将来の投資成果に差が出るので、運営管理手数料のかからない金融機関を選ぶのもポイントです。

図表 iDeCoの手数料 ※手数料は、2021年11月2日時点のものです。

賢人のまとめ

将来のお金を準備する制度として注目されているiDeCoですが、節税効果を得るためには年末調整や確定申告をしたりする必要があります。また、掛金も全額運用に回されるわけではなく、手数料が差し引かれた金額が運用されます。勘違いをしたまま利用していると損をしてしまうことも多いので、正しい知識を身につけましょう。

1 2

賢人プロフィール

マネーの賢人高山一惠

ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。お金の総合相談サイト『FP Cafe』や女性向けマネーメディア「Mocha」を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『はじめての資産運用』(宝島社)、『やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『「経済的自由」を最速で手に入れる! ぴったりの投資プランが最速で見つかる! マンガと図解 はじめてのFIRE 』(宝島社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。株式会社Money&You:https://moneyandyou.jp/ FP Cafe:https://fpcafe.jp/ Mocha:https://fpcafe.jp/mocha   マネラジ。:https://fpcafe.jp/mocha/features/radio     Money&You TV:https://fpcafe.jp/mocha/features/mytv