仕事&マネー 年末年始はポイントの見直し時期、年1回の習慣で期限切れをなくそう!

クレジットカードやポイントのお得な活用方法を指南する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回は貯めたポイントのお話しです。日々、決済をすることでポイントは貯まりますが、貯めっぱなしにしておくと、期限切れになってしまいます。そんなことにならないように、筆者は年末にポイントを見直しています。

☆☆☆

ポイントはそのままにしておくと期限切れに!

ポイントには利用している限り、期限が延長されるものと、しっかり期限があるものがあります。期限が設定されているものは2年程度と比較的長めで、気にしているからいいのですが、意外と盲点なのが期限が延長されるパターンのポイントです。

かつて筆者はヤマダ電機のポイントを貯めていました。ところがある日、ヤマダ電機のアプリを見ると、貯まっていたはずの4500ポイントがゼロになっていたのです。ヤマダ電機のポイントは、最終購入日から1年間有効。利用している限り半永久的に期限が延びるのですが、うっかり1年間放置してしまったようです。

当時はヤマダ電機の店頭に端末があり、来店ポイントが貯められたので、LABIのレストランフロアでランチをするたびに、ポイントを貯めていました。ただ、その周辺での習い事が終わり、LABIのレストランに行くことがなくなり、ポイントを貯める習慣がなくなってしまったのです。「そろそろ期限かな?」と思った時には時遅しで、家電の買い物に加え、マメに貯めた来店ポイントがもろともなくなってしまった時は愕然としました。

この経験から、年末と時期を決めて、ポイントを確認するようにしています。特に家電量販店のポイントは最終利用日から期限が設定されるものが多いので、よく利用しているうちはいいですが、行動パターンが変わった時には要注意です。

今ではスマホアプリでポイントを貯めているものが増えました。

1 2