仕事&マネー 海外旅行時に便利!Visaのタッチ決済対応のデビットカードを使ってバルセロナで簡単決済してきた!

クレジットカードやポイントのお得な活用方法を指南する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回は海外旅行にあたって入会した、Visaのタッチ決済対応のデビットカードのお話です。現地での支払いが俄然、便利でした!

☆☆☆

Visaのタッチ決済対応のデビットカードとは?

キャッシュレス化が進む海外では、クレジットカードがあればほぼほぼ乗り切れます。今回、訪れたバルセロナでも、あまり現金を使うことはありませんでした。ただクレジットカードを使いすぎると、いったいどれくらいの請求が来るんだろうとドキドキ。海外で決済すると締め日のレートによっては、思っていたよりも金額が高くなってしまう可能性もあります。

そんなことから、即時決済のデビットカードに興味を持っていた筆者。しかも最近のデビットカードは、端末にかざして支払えるタッチ決済付きのものが増えています。それだと海外でもSuicaやnanacoのように端末にカードをかざすだけで支払えるので、今回の海外旅行を機に入会することにしました。

そもそもクレジットカードとデビットカードの違いですが、クレジットカードはクレジットカード会社が発行するのに対して、デビットカードは銀行が発行します。支払い方法は即時払い。銀行口座に預金してある金額の範囲内でしか使えないので、後払いのクレジットカードのように、「いくら請求が来るのか不安!」なんてことにはなりません。

『三菱UFJ-VISAデビット』カード。

筆者は三菱UFJ銀行に口座があるので、『三菱UFJ-VISAデビット』に入会。通常は1000円(税抜)の年会費がかかるのですが、2020年6月30日までの入会なら、カード有効期間の5年間の年会費が無料。その後も前年度10万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になるので、コストをかけることなく使えそうです。

1 2