仕事&マネー 今更聞けない…『Apple Pay』で『PASMO』が使えると何がいいの?

クレジットカードやポイント、キャッシュレスのお得な情報を紹介する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回は『Apple Pay』の『PASMO』のお話です。2020年10月6日から、『iPhone』や『Apple Watch』で『PASMO』が利用できるようになりました。従来のカードタイプの『PASMO』と比べて、どんな点で便利なのかについてご紹介します。

☆☆☆

『Apple Pay』 に 『PASMO』 が加わってさらに便利に!

『iPhone』で利用できるスマホ決済の『Apple Pay』。「Wallet」アプリの中にクレジットカードやデビットカード、ポイントカードなどを登録し、対応する店舗でかざして支払いをすることができます。交通系ICカードの『Suica』も登録できます。

この『Apple Pay』に『PASMO』も登録できるようになりました。対応する『iPhone』は、iOS14.0以降がインストールされた、『iPhone 8』以降の『iPhone』。そのほか『Apple Watch』でも利用でき、その場合はSeries 3以降で、「WatchOS7.0」がインストールされているモデルになります。

対応する『iPhone』なら、新しい『PASMO』を発行することができ、『Apple Pay』に登録しているクレジットカードから、『PASMO』にチャージすることができます。残高が足りなくなったら、手元でその場でチャージできるのが便利。登録しているクレカが『PASMO』のオートチャージに対応したものなら、1000円以下になったら5000円チャージといった具合に、オートチャージを設定しておくこともできます。こうしておくと残高不足を気にせずに使い続けられるので、とても便利です。

手元の操作で簡単に『PASMO』を発行できる。
1 2