仕事&マネー キャッシュレス時代の安心・安全を考慮した、ナンバーレスな次世代クレジットカードが登場

コロナ禍でキャッシュレス決済が加速する中、新たなスタイルのクレジットカードが三井住友カードから発行されました。いったいこれまでのクレカとどう違うの? クレジットカードやポイント、キャッシュレスのお得な情報を紹介する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回は次世代のクレジットカードについてご紹介します。

☆☆☆

盗み見防止でクレジットカードの見た目が進化

2021年2月1日に三井住友カードが新たなクレジットカードを発行しました。それはカード券面からカード番号や有効期限、セキュリティコードなどの表記をなくした「ナンバーレスカード(以下、NL)」。

VisaとMastercard で各種2カラーが用意された「ナンバーレスカード」。

三井住友カードでは2020年2月3日以降、発行するクレジットカードを30年ぶりにフルモデルチェンジ。カードの裏面にカード番号や有効期限、セキュリティコードを集約し、『Visaのタッチ決済』を標準搭載しました。それが今回さらに進化し、番号自体がなくなるという、より安全・安心なカードになりました。

三井住友カードのカードデザインの進化。

決済方法は端末にかざして支払う、『Visaのタッチ決済』や『Mastercardコンタクトレス』なので、カード自体に番号表記がなくても問題なし。もちろん、従来のVisa、Mastercardとしても利用でき、iDで支払ったり、『Apple Pay』や 『Google Pay』 に設定して利用することもできます。

ネット決済などでカード番号が必要な時には、一緒に利用するスマホの『Vpass』アプリで表示。アプリには生体認証でログインし、カードを利用するとその場で通知が届きます。カードの利用額やポイント残高なども確認でき、カードを使わない時は機能をワンタップでオフにできるなど、便利で安全。

『Vpass』アプリでカード番号を表示。

しかも年会費が永年無料に!これまでのクレカには海外旅行やレストラン利用時などにお得な特典が付いていましたが、これらのサービスをシンプルにすることで無料化が実現。年会費無料カードの発行は、三井住友カードのプロパーカードでは初めてのことだそうです。

1 2