仕事&マネー iPhoneで『WAON』と『nanaco』が使えるように!クレカチャージできるカードが増えてめちゃ便利

クレジットカードやポイント、キャッシュレスのお得な情報を紹介する連載【お得なクレカ・ポイント活用】。今回は2021年10月21日から、iPhoneやApple Watchで電子マネー『WAON』と『nanaco』が使えるようになったことについて紹介します。

iPhoneで『WAON』と『nanaco』が使える

2021年10月21日から、イオンが発行する電子マネー『WAON(ワオン)』とセブン&アイが発行する電子マネー 『nanaco』がApple Payに対応しました。これにより、iPhoneやApple Watchでも『WAON』と『nanaco』が利用できるようになりました。

対応するiPhoneは『iPhone 8』以降で、iOS 15.0以降です。最新のソフトウェアにアップデートしていない人は、先にアップデートを済ませておいてください。現在のバージョンは、「設定」→「一般」→「情報」から確認できますよ。

Androidスマホではおサイフケータイ対応であれば利用できましたが、今回、iPhoneにも対応して使いやすくなったのはうれしいですね。

ちなみに、『WAON』はイオン、ダイエー、マックスバリュ、コンビニ(ミニストップ、ファミリーマート、ローソン)などで使えて、『nanaco』はイトーヨーカドー、ヨークマート、コンビニ(セブン-イレブン)、西武・そごうなどで利用できます。どちらも電子マネーで購入することでポイントが貯まります。

『WAON』と『nanaco』がApple Payに対応。
(対応する端末は『iPhone 8』以降で、iOS 15.0以降。FeliCa対応の「iPhone 7/7 Plus」は対応しないので注意)

Apple Payに登録しているクレカからチャージできる

『WAON』と『nanaco』がApple Payで利用できるようになって、筆者が一番便利だと思うことは、Apple Payに登録しているMastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスブランドのクレカからチャージができることです(Visaカードは交渉中)。

通常、WAONカードやnanacoカードにクレカチャージする場合、『WAON』はイオンマークの付いた「イオンカード」、『nanaco』は「セブンカード・プラス」と、いずれもグループ会社のクレカが必要になります(例外あり)。

筆者はWAONカードにチャージできるクレカを持っていなかったので、チャージ方法が現金チャージやポイントチャージしかなく、これまであまり『WAON』を使っていませんでした。でもApple Payに登録している手持ちのクレカでチャージできるようになったので、俄然、『WAON』が使いやすくなりました。

もちろん「イオンカード」や「セブンカード・プラス」を持っている人なら、これまで通りオートチャージも利用できます。

決済での利用はこれまでと何ら変わりません。「WAONで払います」「nanacoで払います」とレジで伝えてください。Apple Payで一番手前にカードを持ってきて、メインカードに設定しておけば、iPhoneを起動したり、アプリを立ち上げる必要もありません。

お使いのiPhoneがFace ID対応ならサイドボタンのダブルクリック、Touch ID対応の場合は サイドボタンのダブルクリック で支払うことができます。メインカードに設定していない場合は、「ウォレット」アプリで支払いたいカードを選んで、同様に操作してください。

『Apple Watch』でも利用できます。 (Apple Watch Series 3以降、watchOS 8.0以上が対応。 「Apple Watch Series 2」は対応しないので注意 )

続いて使えるようにする方法について紹介します。

1 2