仕事&マネー 【貧困女子】憧れのアパレルブランドは、ブラック企業だった~その2~

 がんばればがんばるほど、売り上げは達成できず、店長会議で立たされる日々がスタート。さらに、この男性社員から、セクハラを受けてしまう。

「2か月連続で売り上げを達成できなかったとき、ふたりで飲みに行くことになり、そのときに“ノルマを達成できなかったら俺の彼女になって”と執拗に迫られました。その人は既婚者だし、絶対にムリなタイプです。帰りのエレベーターの中でふたりっきりになったとき、強引に抱きつかれて、体をさわられました。さらに、無理やりキスするのを振り切り、タクシーに乗って松戸まで帰ったことを覚えています。

それからもLINEで執拗にメッセージを送られたり、手を握ってきたり。あまりにも耐えかねて、警察に被害届を出すことを人事に相談したら、会社との関係が悪化。“売り上げも達成できないのに、何言ってるの?”みたいなことをいわれて、涙が…」

 

 それでも辞めなかったのは、達成してから辞めたい、という気持ち。

「悔しかったし、自分の力を信じていましたからね。最後の4か月くらいは、自腹で毎月5万円分くらい自社の服を買っていました。そのとき50万円くらい貯金があったのですが、キレイになくなりました。さすがに男性社員は担当替えしてもらいましたが、店長会議で立たされる状況は逆転できず。また、売り上げが達成しない店舗は人手を回してもらえなくて、20日連続勤務、残業100時間以上になったとき、朝会社に行けなくなってしまったんです。病院に言ったら、PTSDと診断され、自己都合で退職しました」

 

 悪いことは重なるもので、時を同じくして頼みの綱だった父親が、脳内出血で倒れてしまった。

「突然倒れたので、事業資金の借金や仕事の管理について、父しか把握していなくて、会社は開店休業状態に。幸い一命はとりとめ、今リハビリをしていますが、かなりの障害が残ると言われてしまいました。会社のことは弁護士さんに任せていますが、2000万円くらいの借金が残るそうです。母はオロオロしているし、姉は子どもを産んだばかりでそれどころじゃないし…父の口座に1年間くらいはしのげる生活資金(300万円)はありますが、それだって借金の清算に今後どうなっていくか全くわかりません。昨日、父のクレジットカードの明細がきていて来週50万円引き落としになるそうです。思えば父の会社で仕事をしていた人のほとんどが、父が倒れた瞬間にいなくなってしまったんです。もしかしたら、私の父もブラック企業の経営者だったのかもしれません。

 私も母も3か月後は自宅からも出されて、飢え死にするかもしれない状況なのに、全く働く気が起きずに、病院と家との往復をしながら、毎日韓流ドラマばっかり見ています。そのうち誰かが助けてくれるなんてことは絶対ないのに、それをアテにしてしまうんですよね」

hinkon6-2

 

1 2