仕事&マネー 【貧困女子】彼は生まれた娘の顔も見ず、15年の不倫愛。待っていたのは慰謝料300万円の現実~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回は、カード会社で契約社員として働く加藤由美さん(仮名・42歳)。彼女は年収320万円ありますが、現在の貯金はゼロ。貯金がなくなったから、自信や心の支えがなくなり、仕事もうまくいかず、生活がギスギスしてきたと言います。

「切り詰めて貯めていた貯金が一気になくなると、今まで何をやっていたんだ……と、暗澹とした気持ちになり、つい1ピース600円のケーキを買ったり、コンビニでスイーツを買ったりしてしまうんですよ。コツコツ貯めていたお金が増えていく実感があったから、貯金を続けてきたのに」

由美さんは中堅私立大学を卒業して、ある銀行に入るけれど、パワハラといじめが原因で27歳の時に退職。そのときに妻子がある元カレと出会ったといいます。

「私はどちらかというと、“不倫なんて許せない!”と考える潔癖なタイプだったんですよ。正しいこと以外は認めたくなかったんですね。たぶん、あのとき結婚したら、“妻は家庭に入って夫を助ける”とか思い、おしゃれも化粧もせずに“良き妻”を全うしていたと感じます。子供が産まれたら、子育てを完璧にしようと奮闘していたでしょう。

だから、享楽的に生きている人がもてはやされるのが許せなくて。当時、銀行内で不倫しているカップルがいたのですが、なぜか彼らは仕事ができるんです。でも私はあからさまに反抗的な態度をとっていました。だって、結婚しているのに別の相手と関係を持つって、ものすごく汚らわしい行為だと思っていたんです。

だから、27歳で会社を辞めざるを得なくなったし、その心の空洞に入り込む形で、元カレと出会ってしまったんでしょうね」

☆☆

潔癖な性格から一転、不倫女になったのは、彼に出会ってしまったから。

1 2