仕事&マネー 【貧困女子】37歳・月収18万円、詐欺老人に巻き上げられた300万円と水虫&マクロビ貧困~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・宮田桃香さん(仮名・37歳)。職業は東京都大田区にある清掃会社で事務員として働いています。月収は18万円で、現在は大田区内の家賃5万円のワンルームマンションに一人暮らしをしています。現在の貯金は0。ある健康器具を買ったローンを毎月5万円ずつ返済しており、その返済はあと2年続き、生活は苦しい。光熱費の節約のため夏は1日おき、冬は2日おきにシャワーをしていたら、足に水虫ができてしまったとこぼします。

「水虫の治療って結構お金がかかるんです。1個5000円くらいの薬もあります。通院しても月に2000円くらいかかってしまいました」

桃香さんの実家は埼玉県蕨市。公立高校を卒業してから、推薦で日本最大規模の大学に入学。新卒で輸入食品会社に勤務するも半年で退社。その後は、化粧品会社で契約社員、ネット関連会社で派遣社員など10社以上転々としたといいます。

「私はなんとなく“自分は特別な人”という意識があって、新卒で入った会社がなじめなかったんです。研修でみんなと一緒に社訓を言わされ、宴会で自分の名前……私の場合は“ももか”と尻文字をやらされました。そういうノリが心の底から嫌だった。私は、バカになるというかカッコ悪いことができないんですよ。カラオケもキライだし、歩き食べもしたことがありません。なんというか、人におちょくられたり、バカにされたりするのが嫌いなんですよね。小学生の頃、好きだった男の子がだれにも気がつかれないように、鼻くそをほじってなめたところを見たのですが、その瞬間に憎悪に近い感情がガッと全身を包んだことを覚えています。私にとってカラオケ、歩き食べ、尻文字はその“鼻くそ”レベルの恥。そんなことをさせる会社で仕事をしたくなくて、半年で辞めてしまいました」

カッコ悪いことが大嫌いな彼女は、会社でお菓子を食べまくる

1 2