仕事&マネー 【貧困女子】40歳・独身・不倫体質。飲み代は毎月10万円、寂しさを埋める飲酒と深夜徘徊~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・今関明子さん(仮名・40歳)。職業は派遣社員で、現在は新宿区内にある食品メーカーの営業補助として週5で働き、月収は19万円。

「35歳まで大手のPR会社の正社員でした。月収は手取りで40万円、ボーナスもあり年収は600万円ほどありましたが、朝7時から終電まで働くというハードな生活に、プチうつになって、完全に燃え尽きて退社しました」

業務内容を詳しく聞くと、ひとりで10社のクライアントを担当し、いずれもミスがあってはならなかったと言います。

「決定的だったのは、金融関連会社のPRを担当していたのですが、そこの会社の親会社が大手の銀行だったんです。孫会社とはいえ金融庁の管轄のために、ミスをすると5年間は顛末書と書類を保管しなくてはならないとクライアントの担当者から脅されていたので、みんなピリピリしていました。しかしそこのチームだった私が多忙過ぎて、お客様を招待して行なうイベントで大きなミスをしてしまったんです。パンフレットの内容と写真がちぐはぐになっており、お客様は混乱し、担当者の男性が激怒。チームリーダーと私が呼び出され、5分間も土下座しました。今思うとすごいパワハラなのですが、お客様は神様ですからね。そういう業界に13年間もいて疲れ果てて、燃え尽きました。

私、当時上司と不倫をしていて、彼の役に立ちたいと焦って、いろんな案件を抱え込んで自爆してしまったんですよね。仕事ができないと彼に嫌われる、会えなくなるという恐怖を常に抱えていました」

自分に自信がないから、恋愛と仕事の能力を一緒に考え、暴露爆撃をしかける……

1 2