仕事&マネー 【貧困女子】育児放棄の両親を語る美女・35歳。高学歴でも転職貧困のストーカー生活~その2~

また、そのほかにも由香里さんが接客業を選ぶ理由に、5年間交際している恋人の存在もあると続けます。

「今、40歳のイケメンシェフと付き合っているのですが、彼を私の目の届くところに置きたくて。私が昼間の仕事をしていては、絶対に浮気する。彼はとてもモテるから、浮気しないように見張っておきたいんです。となると、彼の勤務時間に合わせた同じような仕事を選ぶようになりますよね」

ちなみに由香里さんは、先日、彼のお母さんが亡くなった時、彼の実家に行ったそうです。てっきり結婚話が持ち上がっているのかと聞いたら、そうではないとか。

「彼はすぐウソをつくから、別の女性と旅行に行くのだろうと思って。お葬式について行くと言ったら“来ないで欲しい”というので、これは絶対に浮気だなと思ったんです。彼が実家の山形に旅立ってから、時間差で怒りながら追いかけましたよ。絶対ウソだと思って行ったら、ホントにお葬式をしていたんですよ。私ってバカみたいだと思って大笑いしちゃいました」

さすがにお葬式の会場に入ることはせず、そのまま東京に帰って来たとか。カツカツの生活をしている由香里さんにとって、往復約24000円の交通費はかなり痛手。帰り道にお金が無くなってしまったと言います。

「お金が無くなると、見知らぬ人にお金をもらいます。60代くらいの優しそうな女性に“お金がなくて、食べるものもないんです”と正直に伝えると、1万円くらいはすぐにくれます。くれる人とくれない人は、不思議なことにすぐにわかるんですよ。話を聞くと、お金をくれる人の多くは、娘と不仲。きっと私に娘の姿を投影しているのでしょうね」

彼への束縛的な行動を行なっていると、身を入れて働けなくなるし、彼との時間を優先しがちになるからお金もすぐになくなります。なぜそこまで彼にのめり込むのでしょうか。

愛されたのに、嫌われたショックから立ち直れない。

1 2 3