仕事&マネー 【貧困女子】外資系航空会社勤務35歳のトリリンガル、真夜中のフライトは別の顔~その2~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これはあるときまで普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。今回は35歳の外資系航空会社勤務・坂本美菜さん(仮名)。有名大学を卒業してから、中国の大学にも留学経験があるトリリンガルです。

しかし現在の給料は手取りで17万円。これから上がる見込みもないと言います。しかも、借金は200万円もあるとか。

「借金の原因は、ダンサー志望の元カレに貢いだことです。親がどれだけ反対しても、友達がやめろといっても、好きになってしまうとダメなんですよね」

そこまで面倒を見た彼は、今はどうしているのでしょうか。

「私が中絶手術を受けてから、3か月後に石垣島に行くといってから音信不通になってしまったんですよ。かつて、彼にお母さんを紹介されたことがあり、彼女のケータイに連絡したら、“あの子は先週、結婚して錦糸町に住んでいますよ。美菜さん知らなかったの!?”と言うから、“忘れ物があって届けたい”などと言い、住所を教えてもらいました。急いでそのアパートに行ったら、彼と明らかにメンヘラ系のガリガリの女性が、一緒に住んでいました。彼は“よう! 久しぶり”みたいな感じで接してきて、腰が抜けるほど怒り、驚きました」

元カレと対面してショックを受ける美菜さんがハマったこととは?

1 2 3