仕事&マネー 【貧困女子】留学に500万円! お茶漬け貧困女子はゴキブリだらけのバーでバイト三昧~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・亀井敦子さん(仮名・36歳)。アート系の短大を卒業し、1年ほどアメリカに留学します。どんなことを学んだのか、具体的に教えてください

「親のお金で遊んでいたと言うのが実情です。親が子どもの頃から私のために貯めていてくれたお金が300万円くらいで、アートスクールに行きました。私は父がアメリカ人なので、留学したいと言ったときは、両親も喜んでくれました。仕送りも含めると全部で500万円くらいかかったと思います」

どんなことを学んだのか、何を感じたのかを何度も聞きだしても、思い出せない様子。アート系というから、好きな画家、作家などを聞いても要領を得ない。まずは敦子さんのキャリアについて伺いました。

「22歳で帰国して、大手のレコードストアの店員になりました。アメリカ留学時代に日本の女性差別(女性は主婦になれ、子供を産まねばならないなど)の実情について、心の底から憎しみを覚えたので、とにかく男には負けたくないと思って仕事を頑張りました。誰よりも豊富な商品知識や、音楽経験を重ねて行っても、所詮私はバイトの女の子、と思われるのが悔しくて。給料も激安(時給900円)でしたが、28歳までの6年間、ときには過労で血尿が出るほど頑張りました」

敦子さんが“頑張った”と胸を張る内容について、また細かく聞こうとすると、固有名詞が出てこない。敦子さんは当時、大手レコードショップで、クラシック売り場を担当していたと言うから、作曲家と指揮者の組み合わせについて、録音についてなどいろいろ聞き出そうとしても、何ら固有名詞が出てこない。そこで、辞めた理由について伺ってみました。

「CDが売れなくなって、店舗が閉鎖されたんです。私より仕事ができない子たちが、みんな他の店舗に移動したのに、私は解雇要員に入っていたのがショックでたまりませんでした。当時の待遇は契約社員で、月収は18万円くらいだったかな。土日に出勤したり、いろいろ頑張ったのに。一番ショックだったのは、私が当時付き合っていた彼が別のレコードショップに転職し、そのままフェードアウトしたこと。メールもブロックされました。彼のことがどうしても許せなくて、家に行って奥さんに密告。最初、奥さんは取り合いませんでしたが、メールや手紙で奥さんに二人の間にあったことを報告していたら、結果的に二人は離婚したようです」

貧困状態にある女性と話していて感じるのは、世の中的に“ダメ男”と言われている男性とディープな恋愛をする傾向があること。不倫、モラハラ、DV……、敦子さんは女性問題について意識が高いのに、女性で自分の自意識を満たそうとする男にばかりひかれてしまうと言います。

メンターっぽい役割をしてくれる男性に弱い

1 2