仕事&マネー 【貧困女子】自称難病の彼の治療費に300万円。元パラサイト女子の、心の闇~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・今井直子さん(仮名・34歳)。神道系の名門大学を卒業し、旅行代理店に就職するも、過労とストレスによるうつを発症し2年で退社。神奈川県川崎市にある、家賃4万円の木造アパートに住みながら、倉庫運営会社の契約社員として働いています。業務内容は在庫管理で、勤続6年といいます。平均以上の水準の大学を卒業しながら、それを生かせていないのはなぜでしょうか。

「学歴コンプレックスがあった両親が大学だけはどうしても行けというので、一浪して入りました。でも留年してしまったので、大学を卒業したら24歳になっていました。旅行が好きだったので、父親の紹介で鉄道系の旅行代理店に入りましたが、土日は絶対に仕事が入るし、生活は不規則だし、お客さんは怖いし、上司は厳しいし……結局2年で辞表を出しました。このときまでずっと実家に住んでいて、兄からは“甘ったれ”と怒られているから、見返してやろうと思ったのですが、ムリでした」

 

実家パラサイトを脱出したきっかけとは……?

1 2