仕事&マネー 【貧困女子】モラハラ男子と同棲貧困、彼に食べさせる残飯と親から愛されなかったトラウマ~その2~

「そうそう、一緒に住み始めたころ、夜に外出許可が出ないから、女友達が会いに来てくれたんです。隣の部屋では彼がイヤホンしながらゲームしていたから、彼女と話すのはいいかなと思ってすると、30分くらい経過したころに、非通知の電話が私のケータイに何度もかかってきて、取ると切れちゃうんですよ。1分おきに10回着信があったところで、彼女が気持ち悪がって帰宅しちゃったんです。その数分後、“夜に人を呼ぶなんて非常識だろう。どんな教育を受けてきたんだこのバカ女”って私のことを何度も平手打ち。ごめんなさい、ごめんなさい、って何度も謝っても許してくれなくて。私が抵抗できなくなって、ぐったりしていたら“僕は聖子を愛している。しかし君は非常識だ。だから僕が常識を教えてやっているんだ”と言ってきたんです。私は両親から放置されて育っているし、親は私が原因(KYな発言を繰り返すこと)で離婚しています。だから私を怒ってくれる人と愛してくれる人が好きなんです。だから、彼のことはやっぱり好きですね」

彼好みの女性になり、彼の常識に合わせようと、頑張ってきた。

「そもそも、私は嫌われるのが怖くて、相手に自分のやってほしいことを言えないし、相手が言うことをすべて聞いてしまうんです。だから自分がすべて抱え込んでしまい、できなくなって職場で泣いたり出社できなくなったりしてしまって。今までの会社も、自分で辞めたというよりは、退職に追い込まれたと言う方が正しいのかもしれません。彼に対しても同じで、彼の要望に応えられないと、彼が去ってしまうという不安が常にあります。不安なのに怒られて、そしてたまに愛していると言われて……。そういえば、私、自分の好きなことを全然していないかも。この服も私の好みじゃないし。私はキャラクターが大好きなのですが、そういうグッズを持つと彼が“幼稚だ、大人はキャラクターグッズなんか持たない。非常識だ”と怒るから持てないし。実はもう、そろそろ限界かも」

お金の余裕がなくなった時に、選択することとは?

1 2 3