仕事&マネー 【貧困女子】公務員夫の収入じゃ満足できない! 離婚後から住み続けるシェアハウス、栄養不足から薄毛が進行~その1~

「貧困女子」……学校、仕事、交友関係など、あるときまでは“普通”だったのに、気が付けば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソード。

今回お話を伺ったのは、離婚から10年間、東京都品川区内にあるシェアハウスに住んでいる、島田桃子さん(仮名・39歳)。彼女は東京都の都心にある女子大を卒業し、当時ブームだったITベンチャー企業に採用され、社長室勤務となりマーケティングを担当。そして、27歳のときに埼玉県に住む公務員の男性と結婚し、寿退社します。しかし、年収700万円程度の彼の収入では桃子さんが思い描いていたような生活はできず、子供を授かるも経済的な理由で断念。その他、さまざまなストレスが蓄積し離婚したのが10年前。その後、派遣社員をしつつ、シェアハウス暮らしをしています。

「どうしても20代のうちに結婚したくて、いろんな人に紹介を頼み、手当たり次第にお見合いをしていました。今、婚活とか言っていますけれど、10年前からそうでしたよ。30代から始めたのでは遅すぎる。まともな男性は、20代のうちから売約済みになっていくので、ホントに焦っていました。だから、公務員というだけで、前の夫と結婚してしまったのだと思います」

彼は省庁勤務で年収700万円、桃子さんより8歳年上だった夫と結婚した理由とは?

1 2