仕事&マネー 【貧困女子】イケメンホスト風スカウトの甘い誘惑で、歌舞伎町の女王に変身した名門大学生の末路~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。今回は、中野区内にある飲食店に勤務している中村杏奈さん(仮名・35歳)にお話を伺いました。現在の月収は13万円。住んでいるのは家賃5万円のワンルームマンションです。

彼女は高校中退後、引きこもりしていた時期を経て、大検(現在は高等学校卒業程度認定試験)に合格し、名門大学に入学し、卒業しています。スーパーマーケットが1軒しかないような田舎で育ったために、新宿の圧倒的な物量にショックを受け、買い物がしたくてたまらなくなったと言います。

最初は親のクレジットカードで支払っていたものの、月20~30万円の支払いに親が激怒してカードを没収。以降は百貨店が発行する大学生向けのクレジットカードを作って決済するも、あっという間に限度額オーバー。支払いの相談をしに、カードカウンターに行った帰りに、スカウトされたとか。

「前も渋谷や池袋でよくスカウトされていたのですが、人見知りする私にはムリだと思っていました。でも、あのときはお金が本気でヤバかった。彼が“お姉さんなら一晩で10万円は稼げるよ”と言ってきたので、話を聞くことにしました。まあ、私好みのイケメンということもついて行った理由のひとつ。歌舞伎町近くの喫茶店で、30分程度話をして、入店が決まりました」

杏奈さんが思っていたより、お店は居心地がよく天国だった

1 2 3 4