仕事&マネー 【貧困女子】イケメンホスト風スカウトの甘い誘惑で、歌舞伎町の女王に変身した名門大学生の末路~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。 今回お話を伺ったのは、中野区内にある飲食店に勤務している中村杏奈さん(仮名・35歳)。

彼女は私大の雄と呼ばれる大学を卒業しています。 東北出身らしく、肌が抜けるように白く、セミロングのストレートヘアはつややか。どこかタレントの壇蜜さんに似ています。ほっそりしているのにバストが出ている肉感的なスタイルに、白のシフォン素材のブラウスと、デニムのパンツが似合います。バッグはフランスのハイブランドのカラフルな家紋柄。タバコが手放せないらしく、アイコスをしきりに吸っています。

「大学時代から、夜の仕事をしていていました。一時期はそれだけで仕事をしていたのですが、27歳の時、当時付き合っていた人に説得されて、フツーの会社の正社員になりました。でも、手取りが月17万円とバカみたいに安くて生活ができず、夜の仕事も続けてしまい、2年で昼職を退職。一日働けば、3~4万円になることを知ってしまうと、なかなか地道なOLの仕事はできませんよね」

取材場所の喫茶店の窓際の席は、陽光が差し込んできます。杏奈さんは確かに美しいのですが、太陽の光にさらされると、シワ、クマ、シミ、白目のにごり、歯の黄ばみなどを際立たせます。

ウシジマくん的な作品世界が他人事ではないと感じる……

1 2