仕事&マネー 【貧困女子】男に垂れ流すムダ金……地方出身文科系女子の絶望的自己実現への道~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、ドラッグストアチェーンに勤務する清水絵里さん(仮名・32歳)。かつて、IT関連会社に勤務していましたが、2年前に転職。お話を伺うと、4~5つの会社を転々としていると言います。

「新卒時代、やりたかった仕事は音楽関係で、新卒採用の時にレコード会社に就職しようとかなり頑張っても狭き門でした。結局、1年間就職浪人をして、居酒屋チェーンでアルバイトして再チャレンジしたのですが、全滅。IT関連会社に入りました」

絵里さんの最終学歴は、美術系の私立大学。おしゃれな同級生が多かったそう。

「みんなタレントやモデルと思うくらいカッコいいコばかりでした。彼らは小さい頃から有名人と知り合いになっていて、一流に触れている。私が育った家庭環境は真逆です。私は地元ではそこそこイケてると思っていましたが、東京に着たらただのダサくて何も知らない田舎ものでした」

実家は東北地方で建築会社を経営していて、進学した当時は比較的裕福だったと言います。

「初めて1人暮らしをしたときに、親から月に20万円の仕送りを受けていました。家賃は別に支払ってくれていたので、20万円をまるまるお小遣いとして使えたんです。これで金銭感覚がおかしくなりました」

お金の使い方についての教育がされないまま、大金を自由に使ってもいいと言われたらどうなるか

1 2