仕事&マネー 【貧困女子】元引きこもりのヨガ講師、父親の自死と恋愛依存が招く、愛と金の欠乏生活~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、ヨガインストラクターだという並河沙織さん(仮名・35歳)。彼女は女優の吉瀬美智子さんに似ている日本風の美人。川魚を思わせるしなやかなボディーはヨガをやっているだけあり、メリハリが合って健康的。男性から恋愛対象にされやすい雰囲気を、全身から醸し出しています。しかし、毛玉だらけのグレーのニットワンピを着ており、そこには食べこぼしの茶色いシミがついています。ノーメイクでボブの髪もボサボサ。バッグは合皮の黒のトートバッグで、角がところどころ擦れています。

彼女は中堅大学卒業後、ベンチャー企業に勤務します。毎日、単純なデータ入力に追われ、仕事の意味が見いだせず退社。好きなことを仕事にしようと思い転職を繰り返すうちに、年収は120万円まで落ち込み、今に至ります。今は彼と同棲しているので、家賃を払わなくてもいいのが救いだとか。

「今はヨガインストラクターとして、セミナーやレッスンなどで収入を得ていますが、不安定だし、謝礼は少ないし。スポーツクラブと契約するには経験も足りないので、細々とリピーターの人を相手に個人レッスンをしています。今は月の収入は10万円くらい。食費を払うので精一杯。彼は一応公務員なのですが、私のほかに本命がいます。私より不美人のバツイチ女ですが、話していて安心する相手だそう。いつ出て行けと言われるかわからず、びくびくしつつ生活しています」

沙織さんと話していると、敬語の姿勢を崩さず、“私なんて”と常にへりくだっています。最初は謙虚な人だと思うのですが、話すうちにその慇懃無礼さに、苛立ちに似た気持ちを覚えます。

「あ、そうですよね。私、中学時代に強烈なイジメに遭ってから、なんとなく人が怖いんです。都内から千葉に引っ越して、地元のヤンキーカルチャーになじまなかったことが原因ですね。学校に行くと、男子からスポーツバッグを取られて、ボールみたいに蹴られてボロボロにされたり、女子からは徹底的に無視されたり。私のことをかばってくれる人は同級生には皆無でしたね。太っていたから、教科書にはバカとか豚とか臭いとか、太いマジックで書かれました。先生に相談に行くと、“みんなふざけているだけだろ”と言われました」

虫入り給食を食べさせられるなど、聞いているだけで胸が苦しくなるようないじめを経験

1 2