仕事&マネー 【貧困女子】転職15回、40歳飲食店勤務、中絶費用を1円単位までワリカンにされる“弱さ”の原因は?~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

お話を伺ったのは、1か月前に会社を辞め、現在は東京都足立区内の飲食店でアルバイトをしている水谷由美子さん(仮名・40歳)。彼女はマラソン選手の有森裕子さんに似ています。短めのボブヘアにほっそりとした体型で、真面目そうで、堅実な女性そのものといった外見をしています。

ファッションも、白のタートルニットに、黒チェックのVネックのジャンパースカートを合わせていて、シンプルでおしゃれ。ただ、白のニットの胸元あたりに、茶色いシミがついているのが気になりました。バッグはスモークピンクのナイロン製。持ち手の部分が茶色の合革素材です。まず、現在の仕事について伺いました。

「先月まで小さな広告代理店で働いていたのですが、上司からのパワハラに遭い、ボロボロになって辞めました。最後のほうは出社できなかったですよ。大学を出てから20年近く、もう15回以上転職していますが、ホントに私は職場に恵まれないんです」

由美子さんのキャリアについて伺うと、日本で一番大きな大学の文系学部を卒業してから、東証二部に上場しているメーカーに就職。そこから転職を繰り返しているとか。

「転職経験者は“最初の会社がいちばんいい”と言いますよね。私も同じで、新卒で就職した機械の部品を扱う会社がよかったかな。女子だけ制服があったり、仕事中の間食や私語厳禁というようなガチガチに社員を管理する職場でした。でも福利厚生はしっかりしていたし、会社が安定しているから、みんな優しかったと思います。当時は感じませんでしたが、歓送迎会や社員旅行など、“一緒に働く仲間”という意識があって、よかったですね」

由美子さんは管理されるのが嫌いだけれど、仲間が欲しいと感じている。

1 2