仕事&マネー 【貧困女子】婚約者にうつした性感染症、清掃バイトの後に飲む缶チューハイの味~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、宿泊施設の契約社員として働く・濱田紀子さん(仮名・35歳)。彼女は中堅レベルの有名大学の経済学部を卒業し、先物取引を扱う金融会社に勤務します。25歳の時に社内の男性と結婚を前提とした交際を開始。27歳のときに結納まで済ませたけれど相手側から婚約破棄。その会社にいられなくなり、様々な会社に転職したのちに、今のアルバイト生活に落ち着いたそうです。

彼女の身長は165cm以上あり、肉感的なセクシーボディーが特徴的。紫色のニットとベージュのコットンパンツをはいています。アウターは黒のファストファッションのダウンジャケット。バッグは海外セレブが広告塔になっていることで有名な、フェミニンなデザインのブランドのベージュ色のトートバッグを持っていました。

現在の収入は手取りで月13万円。母子家庭世帯が多く住むシェアハウス(家賃3万円)に住んでいます。

「今、不安なのは将来のこと、老後のことです。母親は元水商売の女性で、私は父親が誰かわからず、身内と呼べる人は母しかいません。その母も、今は埼玉県さいたま市に別の男性と生活していて、私のことは興味がありません。貧困って話題ですけれど、貧困の人って孤立無援という人が多いと感じます。私が住むシェアハウスも、誰も助けてくれないし、行政の窓口に行っても書類の書き方さえわからない人が多いです」

紀子さんは大学を卒業しており、まかりなりにも企業に5年間務めたという経歴があります。そのスキルを使って、他の仕事はできないのでしょうか。

「就活のストレスをなめないでくださいよ! 自費で面接に行って、“不採用です”って言われるストレスを考えたこと、あります? 今だってギリギリで生活しているのに、往復1000円近くの電車代を使って、順番待ちして、アレコレ質問されて、こっちも緊張とストレスでおかしくなりますよ。そのあげくに不採用って、地獄に突き落とされた気持ちになりますよね。それに今はそんなことはないようですが、女性だというだけで、結婚とか妊娠とかそういう話も聞かれますし、私は親がいないから、その時点でもマイノリティーですから」

派遣社員という働き方を受け入れられなかった

1 2