仕事&マネー 【貧困女子】祖母の介護、毒母の支配……ストレスからのお菓子の過食で歯がボロボロ~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

 今回、お話を伺ったのは、都内の社員食堂でアルバイトとして働く木村悠里さん(仮名・34歳)。都内の私立大学を中退してから、雑貨輸入販売会社に勤務します。しかし5年でその会社が倒産。派遣社員をしながら、夢であったカフェ開店の資金を貯めるために派遣社員として勤務を続けますが、祖母の介護のために仕事を辞めます。

170cmを超える大柄な体型、有名なファストファッションの黒のダウンジャケット、毛玉が付いたグレーのニットにデニムというファッションです。体型はかなりぽっちゃり目。目を強調するようなメイクが印象的です。バッグは真っ赤な合皮のトートバッグで、話題の映画『LA LA LAND』の主人公・ミアが持っていたものにそっくりです。

現在の収入は手取りで月10万円程度。まずは仕事について伺いました。

「今は都内の工事現場にある社員食堂で働いています。時給は1000円で、朝8時から13時までの5時間。基本的に専業主婦の人が扶養の範囲内で働くことを想定している仕事だから、長い時間働けないんですよ。私は朝8時の仕込みから出られるので、重宝されています。お子さんがいる人は、どうしても9時とか10時入りになるじゃないですか。交通費は一律で700円出るのですが、その節約のために片道5kmを原付で往復しています。今は寒いからホントに辛い」

自宅はボロボロの一戸建て。狭く、汚く、臭い……

1 2