仕事&マネー 【貧困女子】受話器と手をガムテープで……地獄のテレアポ、元・天才子役がハマったパチンコと睡眠薬~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在、営業代行会社の契約社員として働く木田美幸さん(35歳)。現在の手取りの月収は17万円、東京都練馬区にある古いアパートで、知人とルームシェアしています。美幸さんはぽっちゃり体形で、目が細くうりざね顔をしており、昔の和風美人といった雰囲気。顔中にそばかすが散っており、それを隠すようにファンデーションを塗っています。ヘアスタイルはバサバサのセミロングで、セルフカラーをしているのか、かなり明るい茶色なのですが色むらがあります。毛先のダメージも目立っており、35歳という実年齢よりも、5歳ほど年上に見えます。

インタビュー場所に現れた瞬間に、据えたようなタバコの匂いが。美幸さんは15分ほど遅れてきたのですが、「すみません、ちょっと一服してきます」とあいさつもそこそこに、喫茶店が入っているビル内の喫煙所に行ってしまいました。その後姿を見送ると、クリーム色のニットの背中にもたっぷりと肉が付き、紺色のピンストライプのパンツのお尻は四角い形をしています。持っているのは、茶色のクロワッサン型の合皮のバッグです。

3分ほどして戻って来た美幸さんに、学歴と仕事について伺いました。

「大学は一応出ていますが、音楽系だし、そんなに有名なところではありません。就活が全くできず、バイトして過ごしているうちに、あっという間に13年が経ってしまいました。今の仕事はテレアポです。私、パソコンが使えないので、できることってこれしかないんですよね。時給で払われるし、好きな時に出勤できるからいいんです。今いる会社では、カード会社の名簿で、富裕層に向けてサプリや投資商品を売っています。前の会社より給料が半分以下になったけど、まあ気に入っています」

給料が半分以下になる前は、ある有名な保険会社にいた……

1 2