仕事&マネー 【貧困女子】不採用通知で「死にたい」が口癖、転職、離婚、仕事バックレで酒浸りの日々~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在、無職の早川智世さん(40歳)。東京都江東区内の実家に住んでいます。智世さんの実家は夜から営業する飲食店を経営していますが、お店を手伝ったことはないそうです。

智世さんは洗いざらしたボーダーのTシャツに、レンガ色のカーゴパンツをはいています。足元は迷彩柄のビーチサンダルで、爪水虫になっているのか、足の親指の爪が真っ白。かかとのひび割れたスキマに、黒い汚れが入りこみ、幾何学模様を描いています。

ヘアスタイルは、伸ばしっぱなしのセミロングで、こめかみ部分が白髪になっています。全身から犬を飼っている家のような匂いが立っています。

待ち合わせは、智世さんの自宅近くのファミリーレストラン。ビールの中ジョッキをオーダーし、来るや否や半分ほどイッキ飲み。まずは学歴から伺いました。

「日本で一番学生数が多い大学に、一浪して入り卒業しました。父親が高校中退でで苦労したみたいで……“絶対に大卒の勤め人になれ”と子どもの頃から塾に行かされて、勉強をさせられたんですよね。勉強が大嫌いなのに、成績が悪いと“金をかけているんだからきちんとやれ!”と、叩かれたり殴られたりしていました。中堅の都立高校に入って、ちょっとワルな友達と遊んでしまったから浪人。親はポンと予備校代を出してくれて、“大学に入るまで勉強させられる、ヤバい”と、1年間頑張ったんです」

大学だったらどこでもいい、と言う両親のために、ムリせず合格できる有名校を厳選して選んだ智世さん。

「学費が割安なところもよかったんですよ。4年で卒業し、当時、東証二部のメーカーに内定をもらいました。親は万々歳でしたね。でも女子は単調なデスクワークばかりで、会社のオジさんたちの小間使いみたいな仕事ばかり。その一方で男子は営業や開発など、未来が見える仕事に就いて、会社のお金でいいものを食べたり、人と会ったりして経験を重ねている。結局、大卒の総合職扱いで入っても、女は安い労働力でこき使われるんだな……と思い、3年目に転職をしました」

転職先は憧れだったテレビ業界だったが……

1 2