仕事&マネー 【貧困女子】元弁護士志望は老人限定の”パパ活”生活。自宅浮気から転落した月収15万円~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在、アルバイトをしながら病気療養中の今井真知子さん(仮名・39歳)。彼女は八王子にある大学を卒業後、ロースクールに通い弁護士を目指すけれど、24歳で結婚し勉強を中断。その後、10年間専業主婦をしていたそうです。

「34歳で離婚したのですが、職歴がないから、どこも就職できないんですよ。PCも使えないし、そもそも仕事って何をどうすればいいかわからない。大学を出て弁護士まで目指していたのに、私ができる仕事は、製造スタッフや店員さん、清掃スタッフなど別に大卒じゃなくてもできる仕事ばかり。一応、中学校の社会科の教員免許と図書館司書を持っているのですが、20代のうちに採用されない限り、持っていても意味がなかった。だって募集すらしていないんですから」

真知子さんは、小柄でふっくら体型、目が大きく童顔。セミロングヘアを無造作に黒ゴムで無造作に縛っています。ベージュ色のサマーニットと、コットンのガウチョパンツ、帆布製のエコバッグはフリマアプリで買ったものだとか。

「お金がないから、フリマアプリを使い倒しています。買い物だけでなく、彼からもらったシルバーのアクセサリーとか、東京都八王子市の実家から持ってきた服とか、元夫と離婚するときに失敬してきたブランドものの名刺入れやタイピン、ボールペンなどもいい値段で売れるんです」

仕事や生活について伺うと、“仕事らしい仕事はしていない”と即答

1 2