仕事&マネー 【貧困女子】AV出演の呪いで病む心、暗闇で見るドラマと老母の介護……貢ぎ体質バツ2女子の夢は温泉旅行~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、現在、病気療養中の里中陽子さん(仮名・39歳)。彼女は神奈川県に住んでいます。

自宅にお邪魔する予定が、“やはりどうしても家は見せられない”ということで、近くのファミレスで会うことにしました。パンパンにむくんだ体と、垂れ下がるような乳房、グレーと白のボーダーのワンピースは、くるぶしまであるロング丈。手にはフランスブランドの家紋柄の長財布を持っていますが、使い込まれていて、糸がほどけています。中にはポイントカードやレシートがパンパンに入っていて、厚みが4cmくらいありそうです。

かつて、バレリーナのように細く、美しかった彼女を知っているので、10年間の間に何があったのかを伺うことにしました。

「10年間で2回離婚したことで、ホントにメンタルをやられたこと。今、市川海老蔵さんと小林麻央さんのことがニュースになっていて、彼らと同じように考えてはいけないと思いますが、海老蔵さんの気持ちがわかる。というのも、夫婦の片方がとても相手を愛しているのに、相手がいなくなってしまうという辛さって、私の2回の離婚がそのパターンで、ホントに死にたくなるんですよ」

陽子さんは好きになった男性を、自分の一部のように愛してしまう。だから、好きになった人と、食事は同じものを食べ、お互いが仕事をしている間は一緒にいたくなってしまうのだと言います。

「ホレっぽいというか、とことんその人を愛してしまうんですよね。彼が望むことを何でもしたいと思うし、欲しいものはすべて買ってあげたくなる。お弁当も毎日作っていたし、私も仕事をしているのに、家はいつもピカピカにしていた。シャツやハンカチだけでなく、シーツまでアイロンをかけて、いつもきれいな家をキープしていたんですよ。それを当然だと思ってくれればいいのに、結婚3か月目くらいから、“重い”と言われ出し、ますます頑張ると相手があまり家に帰って来なくなり、1〜2年で別れを切り出されるというのがパターン」

陽子さんは29歳で最初の結婚をして1年で離婚。37歳の時に2回目の結婚をして半年前に離婚したばかり

1 2