仕事&マネー 【貧困女子】バツイチ37歳の元タレントが出会い系アプリで知り合った65歳の男性と暮らすまで~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、中田結花さん(仮名・37歳)。彼女は元タレントで、目がパッチリしており、口角がキュッと上がった訓練された表情を浮かべている女性です。身長は155cm程度で、顔は小さくぽっちゃり体型。特徴的なのは胸が大きく髪が長く、女子力が高い外見であることです。

1か月前に離婚して、家を追い出されたばかりで、現在の所持金は1000円だとか。現在は東京の東エリアの繁華街の飲食店で働きつつ、知人男性の家に居候をしていると言います。タレントとしてはどのような活動をしていたのでしょうか。

「映画のチョイ役、テレビドラマ、再現映像、CM、バラエティー番組などにもちょっと出ていましたよ。モデルと俳優の間というような仕事が多かったですね。きっかけは、高校1年生の時に地元・新潟の繁華街でスカウトされたことです」

当初は東京の養成所に通っていたとか。

「最初の1年くらいは事務所が交通費を出してくれたのですが、いつの間にか打ち切られていて。私はちょっと期待されていたらしく、最初は事務所もよくしてくれたんです。ここでいい思いをしてしまったので、東京でしか生きられなくなりました。代表的なのは食べ物ですよね。地元でスパゲティといえば、茹ですぎた麺にあんかけみたいなミートソースがかかっていて、ショッピングセンターで食べるものでした。でも、事務所の人がごちそうしてくれたのは、西麻布のレストランで、アルデンテの麺にオリーブオイルがかかってぷりぷりの牡蠣やガーリックがからめてあるもの。とろとろのモッツァレラチーズも大好きでしたね。1皿2000円の料理なんてそれまで食べたことなかったので、あの味は今でも忘れられません」

結花さんは、高校卒業後、東京の短大に進学します。

「トップクラスの子でも、地元や近隣の県に進学や就職するような高校で、東京に進学したのはパチンコ店を経営している家の息子と、酒蔵の息子と、私だけでした。ずっと“学校で一番かわいい女の子”と言われていたので、父親も娘のチャンスをつぶしてはいけないと思っていたんでしょう」

母親は男性と駆け落ちして以来、行方不明になってしまった

1 2