仕事&マネー 【貧困女子】せどり男に全貯金を投資、帰省の交通費もなく、冷えた床ですするカップラーメン~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、保険会社に勤務する蔵本里美さん(仮名・35歳)。地方の国立大学卒業後、就職で上京し13年になります。

身長160cm、ぽっちゃり体型で地味な顔立ちなのですが、どことなく華やかな雰囲気があります。バッグはフランスブランドの家紋柄ですが、15年ほど前にブームになった、ジャカード織のデニム素材です。ファッションは、黒いギンガムチェックのジャンパースカート。インナーにはタートルネックの白ニットを着ています。

「今、お金が全然なくて、帰省もできないし、年も越せないかも。貯金通帳の残高は12円くらい。一度、親に迷惑をかけてからきつく自分を戒めていた、キャッシングに手を出してしまいそうです」

中堅クラスの保険会社に正社員として勤務しているのに、そこまでお金がないというのはなぜなのでしょうか?

「先月に5年付き合って別れた彼が、ヒモというか……私のお金を頼り切っていたからなんです。彼は3歳年上で、前の会社の同僚でした。私と友達がフラッと入った、新宿のバーで店員さんをしていて、その後、お店に通ううちになんとなく男女の仲になりました。彼はバツ1で、カッコよくて色気があり、前の会社でも女子社員にすごく人気があったので、自分が特別になった気分になっちゃったんですよね」

彼は前の会社を“友達とバーを経営する”と言って辞めたそう。だから、そのバーは彼のお店かと思ったという里美さん。

「恋愛関係になったのは、3回目に会った時かな。お店が終わる深夜2時くらいまで待たされたので、私はてっきりホテルか彼の家に行くのかと思っていたら、大きなナイロン製のボストンバッグを持って店から出てきて、ウチに来るって言うんですよ。東池袋のワンルームの汚いマンションだから嫌だったのですが、どうしてもと言われて。3000円くらいのタクシー代は彼が払ってくれました。で、その日から出て行かないんです。よく話を聞いたら、彼は家賃が払えなくて家を追い出されて、お店で寝泊まりしていたんですって。それからワンルームマンションのシングルベッドで、並んで寝る。いつか子供が生まれて“川”の字になって寝ることを夢見ましたが、その日は来ませんでした」

この彼は、ダメ男特有の魅力にあふれていた。

1 2