外出自粛で歩く歩数は通常の半数以下!自宅でできるフィットネスアプリのオンライントレーニングをチェックしてみた

外出自粛で歩く歩数は通常の半数以下!自宅でできるフィットネスアプリのオンライントレーニングをチェックしてみた

北海道と一都三県をのぞく地域で緊急事態宣言が解除され、徐々にではありますが外出自粛が緩和されつつあります。しかし約2か月にわたる引きこもり生活により、私たちの体は確実に運動不足。株式会社リンクアンドコミュニケーションが今年4月に行なったアンケート調査によると、緊急事態宣言が発令された後で日本人による1日の平均歩数は、全体の約3割が3000歩未満という結果だったそうです。

やはり緊急事態宣言後は歩く歩数が減少。そう考えると宣言は、外出自粛を促す大きなきっかけになったようです。(出典:株式会社リンクアンドコミュニケーション)

ちなみに平成29年度「国民健康・栄養調査」によると、日本人の平均歩数は6,322歩だそう。つまり3000歩未満は日本人の平均歩数の半数にも満たないことになります。外出自粛で仕方がないとはいえ、これは何とか対策を立てるべき事態といえそうです。

さらに緊急事態宣言が解除されたからといっても、生活が以前と同じように戻るわけではありません。これからも感染防止につとめる必要があり、県によっては、いまだスポーツジムの休業要請を継続している状態なのです。

そこで今回注目したいのは、健康な体作りをサポートしてくれる、フィットネス系のアプリ。この状況の中で家の中でも利用できる、さまざまなトレーニングのコンテンツを配信しています。

 

■『FiNC』

体重や食事、歩数、生理、そして睡眠をアプリでまとめて管理することが可能。食事はスマホで写真を撮るだけでAIが食事の内容を解析し、歩数は持ち歩くだけで自動カウント。寝るときはスマホを置いておくだけで睡眠時間が記録される。生理日はカレンダーをタップするだけで記録され、排卵日と次の生理日の予測も可能に(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

こちらでは自宅でできるトレーニングや免疫対策レシピ、医師監修のアドバイス等の情報を集約してお届けする「今こそ、カラダ」プロジェクトを実施しています。期間によってさまざまなテーマを設けていますが、現在は「ダイエット生活」を配信。基礎代謝をあげるための自宅でできるトレーニング方法やストレッチ、リラックスのためのヨガのプログラムを紹介しているほか、ダイエット成功者がその秘訣を披露する体験談、やせる体作りのための基礎知識など、お役立ち情報も満載です。

 

■『音で楽しむフィットネス BeatFit』

流行りの洋楽に合わせ、現役のパーソナルトレーナーが音声でトレーニングをしてくれるアプリ。配信中のコンテンツはインドアバイクなどの有酸素運動から、筋トレ・ヨガ・瞑想・ストレッチまで11ジャンル、配信クラスは600を超えている。料金は月額1,480円(税込み)で、初回1か月は無料(※iPhoneの詳細はこちら Androidの詳細はこちら

外出自粛により運動不足が広がっている状況にあわせ、自粛中でも実施しやすい特集を意識。「自宅や外で」「朝起きてから夜寝るまで」「仕事の気分転換としても」といった、自粛中に試してほしいクラスを多数配信しています。トレーニング内容により緊急事態宣言による身体や心の悩みを解決できるよう、実際にリモートワーク中の従業員の意見を取り入れつつ制作しているそうです。

1 2
運勢 恋愛運 浮気事件簿 不倫 貧困女子 恋愛 恋愛講座 キャリア 婚活 占い 金運 アラサー 美人探偵 その1 結婚 セカンド 浮気 アラフォー マッチングアプリ アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。