30代の転職は失敗できない!ブラック企業の見分け方

30代の転職は失敗できない!ブラック企業の見分け方

「収入アップのために転職したい!」「ワーク・ライフ・バランスを両立できる会社で働きたい」

転職を考える際に、どうしても避けたいのがブラック企業への転職。求人情報では、どの企業もみんな仲良く、働きやすそうに見えますよね。

ここでは、ブラック企業の見分け方のヒントを紹介します。

ブラック企業とは

そもそも「ブラック企業」とはどのような企業なのでしょうか。膨大な業務量に長時間労働という同じような条件下にいても、仕事が楽しくやりがいを感じる人と、心身ともに疲れ切っている人では、その企業に対するイメージは異なるでしょう。

厚生労働省のサイトでは、次のような説明があります。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、(1)労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、(2)賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、(3)このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

参考:https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/qa/roudousya/zenpan/q4.html

今回は、上記のような企業をブラック企業として、説明します。

1.いつも同じ求人が掲載されている

時期に関係なく、いつも同じ求人情報を目にすることはありませんか。採用してもすぐ辞めてしまったり、ネガティブな評判があるため人がなかなか集まらなかったりと、公にできない事情がある可能性があります。

2.給与が同業他社と比べて高すぎる、もしくは給与の幅が広い

会社選びにおいて、給与は多くの人にとって大切な要素。高い給与は魅力的ですが、競合と比較して明らかに高い場合は気をつけた方がよいでしょう。そんなに高い給与なら、優秀な人材はすぐ集まり、なかなか辞めることもないでしょう。もしかしたら、求人情報に書かれている仕事以上のことを求められたり、何か裏があったりするかもしれません。

また、「年収300万円〜1,000万円」など給与の幅が広すぎる場合は、ノルマなどに左右されることが多いので、よく考えてから応募することをおすすめします。

3.根性、やる気……精神論「だけ」をアピールしている

「スキルや経験不問!根性・やる気のある方大歓迎!」

大げさともいえるような精神論「だけ」をアピールしている企業も注意しましょう。このような企業は、細かな応募条件を設けないことで、とにかく多くの人を集めたいだけのことがあります。

もちろん、新しいことにチャレンジしたい人にとっては、人柄やポテンシャルを何よりも見てくれる企業が合うかもしれません。ただし、これまでの経験や身につけたスキルを活かしたい場合は、ミスマッチが起こる可能性があります。本当に、その人がこれまで積み上げてきた経験やスキルを必要としている企業なら、期待することを詳しく説明しているはずです。

1 2
結婚 金運 アプリ 婚活 不倫 時短 運勢 その1 キャリア 恋愛 セカンド アラフォー 浮気 貧困女子 浮気事件簿 美人探偵 恋愛講座 恋愛運 占い アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。