ビジネスパーソンの今年の目標は「貯金」と「読書」! 管理職が「新社会人へオススメしたい本」とは?

ビジネスパーソンの今年の目標は「貯金」と「読書」! 管理職が「新社会人へオススメしたい本」とは?

一方、若手社員300人に対して、上司や先輩から本を薦められたことがあるかを聞いたところ、47.0%が薦められた経験があると回答しました。

さらに、上司や先輩から本を薦められたことがあると回答した若手社員に、実際に薦められた本を読んでいるかを聞いたところ、「読んでいる」と回答した人は58.1%(「よく読んでいる」15.6%、「たまに読んでいる」42.5%)で、6割近くが薦められた本を読んでいることがわかりました。

上司・先輩から薦められた本を読む理由は?

上司の薦め方が、読むかどうかのポイントに!?

上司の薦め方が、読むかどうかのポイントに!?

上司や先輩から薦められた本を「よく読んでいる」、「たまに読んでいる」と回答した人を対象に、薦められた本を読む理由を聞いてみると、トップは「薦められた本に興味があるから」(43.9%)、次いで「内容が読みやすそうだから」(30.5%)、「上司や先輩の薦め方が魅力的だから」(29.3%)と続きました。みなさん、上司から本を薦められることを歓迎しているようです。自分のことを気にかけてくれていたり、知らなかったことについてアドバイスをもらえるのはありがたいことですよね。

管理職が「新社会人へオススメしたい本」

最後に、管理職を対象に、今年4月に入社する新社会人へオススメしたい本を聞いてみました。
さまざまな回答が挙げられた中、複数人が薦めていたのは、

『人を動かす』(デール・カーネギー)
『失敗の本質』(戸部 良一、寺本 義也、鎌田 伸一、杉之尾 孝生、村井 友秀、野中 郁次郎)
『7つの習慣』(スティーヴン・R.コヴィー)

といった時代を超えて読み継がれるビジネス書の名著でした。さらに、

『竜馬がゆく』(司馬 遼太郎)
『坂の上の雲』(司馬遼太郎)

など、大きな決断を迫られたときの人間力が描かれている歴史小説を挙げる人も。仕事のテクニックもさることながら、人間性を磨いていってほしいという管理職の思いが感じ取れる選書となりました。
今年はたくさん本を読む!と目標をたてた堅実女子のみなさん、上記の選書を参考にしてみてくださいね!

 

【参考】※ 楽天株式会社
【調査概要】
調査名:上司と部下の読書事情に関する調査
調査対象:ビジネスパーソン700人
(※管理職400人、入社5年目までの20代前半の若手社員300人)
調査期間:2019年1月7日~10日
調査方法:インターネット調査(調査機関:MMD研究所)

1 2
時短 キャリア 美人探偵 恋愛講座 浮気事件簿 不倫 運勢 婚活 占い 貧困女子 金運 その1 アプリ 恋愛運 アラサー アラフォー 浮気 セカンド 結婚 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。