【セカンド女子】片思いを拒絶された彼との再会、東京ー大阪に離れた途端に「あの頃好きだった」と言われ現地妻に~その1~

【セカンド女子】片思いを拒絶された彼との再会、東京ー大阪に離れた途端に「あの頃好きだった」と言われ現地妻に~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の芸能プロダクションでマネージャーや運営スタッフとして働く森絵里奈さん(仮名・36歳)。肩まである髪は全体的にふんわりとしたクセがついており、色白の肌にはそばかすが目立つものの、キメは細かく美肌です。服装はフリンジのついた黒のニットに、紺のギャザースカートを合わせています。会話中に質問を遮って自分の意見を答えることが多くあり、少し気の強さを感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪の市内で、両親と3歳上に姉のいる4人家族です。うちは小さい頃から両親がフルタイムで働いていて、放任主義というかそこまで干渉された記憶はありません。それに私よりも姉がよく母親とケンカをするような手のかかる子で、学校をよくサボっていたり、少し悪い人たちと付き合ったり……。両親は私に干渉する暇がなかったんじゃないかな。私も親の前では姉を反面教師だと思って、学生時代はいいこちゃんを貫いていましたから」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「短大の時です。友人に誘われていった合コンで出会った他校の大学生でした。彼は年上だったけど、小池徹平くんのような少年っぽいかわいい雰囲気のする人で、ほぼ一目惚れでしたね。合コンでは何もなかったんですが、その後に毎日メールを送ったり、友人と一緒にグループデートに誘ったりと猛アタックをして付き合うことができたんです。高校の3年間はずっと同じ人が好きだったんですが、その人は中学から付き合っている彼女がずっといて告白も何もできなかったから、大学生の彼と初めての両想いで気分が盛り上がっていきましたね。

でも、彼は私と付き合ってからも合コンを繰り返すような遊び人タイプで、浮気癖がすごくて。何度も許して、1年ほど付き合っていたんですが、私が許すタイプとわかったら浮気の隠し方が雑になって……。最後は2人でいる時に他の女からかかってきた電話にも出るようになり、ケンカ別れをしました。もう何の感情もないですけど、当時はそのせいで毎日イライラしていましたね」

短大を卒業後は人材派遣会社に就職。営業事務として仕事を始めます。そして、同じ職場で働く同僚のことが好きになったと言います。

「彼は同期なんですが、大卒なので2歳上でした。顔はそこまで男前じゃないし、すごく仕事ができるタイプでもなくて。でも、いつからか彼と話したいから、残業を好んでするようになっていましたね。彼は営業だったのでオフィスに戻ってくるのが夕方以降で、その後残業して書類を作ったりしていたんです。定時で帰っていたら、会える機会も無くなってしまうから。でも仲良くなれてから気付いたんですが、彼には大学時代から付き合っている彼女がいました」

一度、女として誘ってしまったことで仲がギクシャクしてしまい……

1 2
セカンド 不倫 浮気事件簿 アラサー 美人探偵 アプリ 運勢 結婚 婚活 金運 恋愛講座 時短 iPhone アラフォー 恋愛 貧困女子 占い 恋愛運 派遣 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。