【セカンド女子】片思いを拒絶された彼との再会、東京ー大阪に離れた途端に「あの頃好きだった」と言われ現地妻に~その2~

【セカンド女子】片思いを拒絶された彼との再会、東京ー大阪に離れた途端に「あの頃好きだった」と言われ現地妻に~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の芸能プロダクションでマネージャーや運営スタッフとして働く森絵里奈さん(仮名・36歳)。会話中に質問を遮って自分の意見を答えることが多くあり、少し気の強さを感じさせる女性です。

「出身は大阪の市内で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。共働きの両親は世話のかかる姉に付きっきりで、学生時代おとなしかった絵里奈さんはあまり干渉されることはなかったそう。初めての彼氏は一目惚れで付き合うものの、遊び人だったこともあり浮気を繰り返されて破局。その後、就職先で好きな男性ができたけれど、うまくいかず……。転職、新しい彼氏もできた頃、その彼と再会して、思いはまた募っていってしまい……。

「再会したのは、前の職場の友人が企画してくれた飲み会でした。彼が来るとは聞いていなかったのに、私が遅れて行った時には彼は普通に席にいたんですよ。そこでみんなを挟んで昔のように話せるようになり、ホッとした記憶が残っています。私に彼氏ができたことも報告できたし、これで前みたいな友人関係に戻れると思っていたんです。

でも、その場で彼が大学時代からの彼女と別れたと聞いてしまって。やっぱり彼のことが気になっていきました」

表面上は友人関係を継続。しかし、彼のことを意識するほどに付き合っている男性との関係はうまくいかなくなり、別れることになったと言います。しかし、そのことを彼には告げなかったそう。

「付き合っていた彼氏と一緒にいることが面倒臭くなってしまったんです。体の関係を続けることも気持ち悪くなってしまって。私から別れてほしいと言いました。私に気持ちがないのを薄々気づいていたのか、あっさりでしたね。

その後は、彼と友人を装って2人で飲みに行くこともありました。でも、何もなく楽しく飲むだけ。それに、私は彼には別れたことを言いませんでした。もしかしてまたと、彼に避けられるのがどうしても怖かったからです」

絵里奈さんの転勤が決まり、彼とは徐々に疎遠に……

1 2
結婚 セカンド 婚活 浮気 不倫 時短 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 金運 美人探偵 恋愛講座 iPhone 恋愛運 派遣 運勢 アプリ 占い アラサー アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。