免疫力を高める方法は?食べ物や飲み物、見直すべき生活習慣をアンチエイジングのプロに聞く!

免疫力を高める方法は?食べ物や飲み物、見直すべき生活習慣をアンチエイジングのプロに聞く!

働く30代、40代のプチ不調の改善法や、簡単に取り入れられるハッピーエイジングのための生活習慣を、予防医学のプロに伺います。

第6回は免疫力について。インフルエンザが流行ると必ずかかってしまう、口内炎ができやすくなる、肌がゆらいで荒れる、ついに花粉症になってしまった……などなど、30代、40代になって、免疫力の低下を自覚している働く女性は多いもの。免疫力を高めるにはどうしたらいいでしょうか。アメリカの最先端予防医療に詳しい虎の門中村康宏クリニックの院長、中村康宏さんに教えていただきます。

質問「仕事が増えてから、肌に湿疹ができて治りません。免疫力が落ちている気がするのですが、免疫力を上げるためにはどうしたらいいですか?」(34歳・事務)

☆☆☆

免疫力低下の原因は? 肌荒れがおこる理由は…

免疫力とは、病原体などから体を守る、生物がもつ防衛力です。免疫力が低下すると、感染しやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまいます。

免疫力の低下には、さまざまな原因があります。加齢や妊娠・出産などによるメラトニン・成長ホルモンの低下、食生活の偏り、睡眠不足、喫煙、不規則な生活などの生活習慣によるものなどがあげられます。また、ストレスの不十分な処理も免疫力低下の要因に。

肌荒れがおこるのは、ストレス反応(HPA系、SAM系)が高い度合いまで進むことで免疫力が低下、それにより「皮脂分泌亢進状態」になっているためと考えられます。ストレスがあると、交感神経が優位の状態となり、皮膚の血管を収縮させます。それにより血流が停滞してしまい、目の下にクマができてしまうことも。生活習慣の改善やストレスを取り除くことは、免疫力を保つのに大いに役立つといえるでしょう。

免疫力を高めるには…ビタミン類など必要な栄養素は?

免疫力を高めるには、食生活の見直しが重要です。現代人は相対的な栄養不足に陥っています。その原因がストレス社会です。

たとえばビタミンC。血液中の白血球やリンパ球は、ビタミンCを多く含んでいて、それらは体の中に細菌が入ってくるのと戦います。また、ヒアルロン酸やコラーゲンを作り出す線維芽細胞にビタミンCは必須です。

一方、日本で1日に必要な量として推奨されているのは、100mg、イチゴ5つ程度です。しかし、推奨量は健康体のときを前提としています。免疫力が低下しているときには必要な部分にどんどん取られていくわけですから、推奨量では不足という事態に。

また、過剰な飲酒、喫煙はビタミンを壊してしまいます。自分ではしっかり摂取していると思っても、体を回すために使い切ってしまっている、不足しているせいで、結果、免疫力がつかないということも。目安としては、プラス300mgくらいを意識するとよいでしょう。

加えて、免疫力が低下しているときには、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンもどんどん減っていきます。セロトニンをつくる物質(トリプトファン)が多く含まれているブロッコリーやキャベツなどと、トリプトファンをセロトニンに生成する酵素を助ける食材、ほうれん草や春菊などの葉物、レバーなどを組み合わせて摂るといいでしょう。

1 2
アラサー アプリ 占い 不倫 浮気事件簿 結婚 アラフォー セカンド 恋愛 運勢 その1 iPhone 恋愛運 貧困女子 金運 美人探偵 恋愛講座 浮気 時短 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。