明日から実践! PMSを緩和するためにやるべきことはこの5つだけ!

明日から実践! PMSを緩和するためにやるべきことはこの5つだけ!

前回、私たちを悩ませるPMSの症状について、詳しくご紹介しましたが、今回はそのPMS症状を緩和するために普段やっておくべきことを5つをまとめてみました。簡単に取り入れられることばかり。ぜひ実践してみてください。

→→  前回紹介した「PMSとは?」「月経前の10日間を快適に過ごす方法は?」はこちら

※日本人の約3割が悩まされている「頭痛」は規則正しい生活で予防ができる! 詳しくはこちら
※片頭痛は冷やす、緊張型頭痛は温めると楽になる…セルフケアで頭痛は和らぐ!! 詳しくはこちら
※みんなの「なんとなく不調」事情&カラダケアについてはこちら

1 基礎体温を計る

1029kenjyo3枕元に体温計を置き、朝に目が覚めてすぐの状態で舌下で計ること。体のリズムを把握すればPMSの時期の予測が可能に。

1:パソコンでしっかりデータ管理できる。テルモ 電子体温計W520 6944円 
2:楽天のキレイドナビのアプリは、月額170円で東芝の体温計がついてくる! スマホと連動させて管理も簡単。
3:10秒で測定完了。スマホでデータ管理可能。オシャレなデザインも◎。オムロン 婦人用電子体温計 MC-652LC 3780円(編集部調べ)

2 食生活を見直す

栄養のバランスが偏った食事は、症状を重くする原因に。バランスを考えて多くの食品を食べることがいちばん。

1029kenjyo5意識的に摂取したいのは緑黄色野菜、豆類、海草類、植物油脂、ビタミンB6を多く含む豚肉、小麦麦芽、玄米など。

1029kenjyo4避けたほうがよいものは、カフェイン、砂糖、塩分、アルコール、添加物、漂白した小麦粉とその加工物。

3 有酸素運動を取り入れる

1029kenjyo6ウォーキングやランニング、エアロバイクなどの有酸素運動を行っている人のほうがPMSの症状が軽いというデータあり。インスリンの働きがよくなり、血糖値が安定するのがその理由。さらに有酸素運動によって脳下垂体から幸福感を引き起こすエンドルフィンが分泌され、精神的症状を和らげると言われている。週に3日ほど30分~1時間程度の有酸素運動を取り入れて。

▼PMS緩和のためにやるべきこと、4・5は次ページで!

1 2
セカンド 美人探偵 結婚 浮気 アラサー 貧困女子 不倫 恋愛運 占い 金運 浮気事件簿 運勢 アラフォー 恋愛 アプリ キャリア 恋愛講座 時短 婚活 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。