【貧困女子】無責任彼氏とダラダラ8年同棲で結婚と子供を断念、最後の手段はシニア婚活で永久就職!?~その2~

【貧困女子】無責任彼氏とダラダラ8年同棲で結婚と子供を断念、最後の手段はシニア婚活で永久就職!?~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。お話を伺った北村美緒子さん(仮名・40歳)は、会社を辞めて8年間アルバイトで生活しており、月収は手取りで約10万円。収入が少ないため、結婚も子供もあきらめたと言います。

その1はこちら

契約社員として勤務するインターネット広告関連会社では過剰なノルマを課せられ、達成すると更なる成績を求められた日々。それができないと「給料泥棒」と罵られ、営業に出ればセクハラの被害に遭う……そんな毎日は、付き合っている彼が体を壊した美緒子さんに「それならやめちゃえば、ウチにくればいいし」と言ったことで終止符を打つことに。

「私、それまで誰からも認められたことがなかったし、弱っているときに受け入れてもらったことがなかったんです。親は私に学校の成績と“いい子”を求めました。世間の人に言うと『すごいですね』と言われる高校・大学に入ったら、誰もが知る企業への入社を求められる。就職氷河期でどこも就職できず、派遣登録してある大手企業に行っていたのですが、母が『お陰様で美緒子が大企業に入りまして』と親戚に電話している。もううんざりだと思って、家を出て、一人暮らしをしていたんです」

美緒子さんは会社に「辞めます」と電話をかけたところ、相手も慣れていて、私物の転送先を聞かれたそうです、そして社会保険の切り替えについて、日程を指定されました。

「翌月のその日に、会社が指定する貸会議室に行ったら、私を含めて8人が人事の説明を聞いていました。離職者が多すぎて、まとめて説明していたんでしょうね」

転がり込んだ彼の家は、神奈川県座間市のアパート。

「彼は『あ、来たの?ゆっくりしていてって』みたいな感じで、今に至ります。彼は音響の仕事をしつつ、動画を撮ったりよくわからない仕事をいろいろ受けている自由人なんですよ。友達がいっぱいいて“その日暮らし”ができる人です」

家賃と光熱費は彼が払う生活を1年間続けてしまうと、社会復帰ができなくなり、ズルズルと8年が経過……

1 2
結婚 貧困女子 美人探偵 恋愛運 婚活 その1 キャリア 運勢 恋愛 浮気事件簿 時短 浮気 不倫 セカンド アラサー アプリ 占い アラフォー 恋愛講座 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。