【セカンド女子】「今後結婚するつもりはない」バツ2の彼のパートナーは3人!4人目になった女性が離れられなくなった、驚くべきマメさとは?~その1~

【セカンド女子】「今後結婚するつもりはない」バツ2の彼のパートナーは3人!4人目になった女性が離れられなくなった、驚くべきマメさとは?~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の商社にてECサイトの運営スタッフとして働く三宅晴美さん(仮名・38歳)。毛先が明るい茶色の髪を後ろに1つに束ね、目を囲むようなアイラインと長めのマツエクなど目元を強調したメイクに目がいきます。服装はベージュのVネックのプルオーバーにカーキのズボン、上には白のノーカラーコートを合わせています。1つの質問に対し、回答が数分続くなど話好きな印象を受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親と3歳上と2歳下に姉と妹のいる5人家族です。父親はサラリーマン、母親もフルタイムで働いていました。家族仲は普通だと思います。平日も私たちが学校から帰る時間には母親は自宅にいたので、特に寂しい思いもしたことはありません。姉妹仲は今は普通なんですが、小さい頃はあまりよくありませんでしたね。姉とは部屋が別々だったんですが、妹とは私が大学で家を出るまで同室だったので、散らかすところや、扉などをバンと音を立てて閉めるとかガサツで生活音が大きいところにイライラしていましたね。20代半ばになるまで、必要以上に会話をした記憶もなかったです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生です。付き合ったのは高校2年生の時で、1年の時に同じクラスになって好きになった人だったので1年間の片思いが実った感じです。彼はバスケ部なのに小さくて、かわいい雰囲気がある子でした。彼とは3年の受験シーズンになって少しずつ一緒に行動することが少なくなって、同じ学校にいるのにフェードアウトした感じです。お別れの言葉も特になく、高校に進学後はまったく連絡を取り合うこともなくなりました。なんで会わなくなっていったのかは、今でもわかりません。嫌いになったとか言われるのが怖くて、追及しないままでしたから」

都内の大学に進学を機に親戚の家に居候を始めます。しかし、ここが窮屈だったと晴美さんは語ります。

「実家から頑張れば通える距離だったので、両親ともに一人暮らしには大反対で。両方が折れる感じで、都内に母方の姉家族、従妹の家が学校に近いということで居候させてもらうことになったんです。居候先では念願の一人部屋を与えてもらって、親の目もないから伸び伸びとキャンパスライフを満喫できると思っていました。でも、従妹の家はうち以上に躾が厳しくて……。さらにはやっぱり人様の子を預かっていて何かあってはいけないと思ったのか、何時に帰ってくる?と毎朝確認されたりなど、干渉がすごかったです。結果、全然伸び伸びとはできませんでした。もちろん20歳を越えた時からお酒は解禁になり、飲み会にも参加したことはあります。でも、23時には帰らないといけなかったし、あまりに遅いと最寄り駅までおじちゃんが迎えに来るんです。さすがにそれには私も気を使ってしまって、あまり遅くに帰ることができませんでした。きっと、大学時代は付き合いの悪い子だと思われていたんじゃないかな」

一人暮らしを始めたことで夜遊びが開花

1 2
その1 恋愛 アラフォー キャリア アプリ 金運 婚活 貧困女子 恋愛運 運勢 時短 恋愛講座 美人探偵 結婚 アラサー 占い セカンド 不倫 浮気事件簿 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。