堅実女子ニュース&まとめ 【沼にはまる女たち】ビギナーズラックからのパチンコ沼、一度で十万円負けるのは当たり前!?~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回ご紹介するのは、中毒性の高いギャンブルの中でもハマる人が多いとされる「パチンコ沼」です。

「抜け出すことができたことはよかったのですが、パチンコにハマっていた当時の自分は正常な状態ではなかったのでしょうね……」と苦笑いをしながら言う涼子さん(32歳・仮名)。

眼鏡が似合う知的な雰囲気の女性で、パチンコをしている姿が想像つかないぐらい、真面目そうなタイプに見えます。

現在の涼子さんは首都圏在住の既婚者で、普段はパートをしながら、現在はパチンコは全くしない生活をしているそうです。彼女が以前パチンコ沼にハマってしまったきっかけは、なんだったのでしょうか。

きっかけはトイレを借りたこと

涼子さんは結婚前、とある営業の仕事をしていたそうです。外回りや帰宅の際に、パチンコ店で時折トイレを利用していました。

「本当は、そういったお店の利用の仕方はいけないとは知っていました。でも、パチンコ店のトイレって、知っている人ならわかると思うのですが、キレイじゃないですか。だから利用しやすかったんです」

確かに、パチンコ店のトイレはキレイで女性が利用しやすい場合が多い印象があります。ただ、遊戯をしないのにパチンコ店に入ること自体に抵抗はなかったのでしょうか。 

「元からパチンコ自体に興味があったのだろうと思います。音がうるさいからと、パチンコ店が苦手な人も多いですよね。私の場合は学生時代にゲームセンターでアルバイトをしていた経験があり、電子音を聞くとかえって落ち着くタイプだったんです。パチンコ台を見ては、遊んだら楽しそうだなと思っていました。ある日、どうしてもパチンコを打ちたい気持ちがおさえられなくなって、仕事帰りに1000円だけ打ってみようと、有名アニメを使った人気の台に座ったんです。それが沼のはじまりでした」

涼子さんは、その1000円でいきなり大当たり。確率変動(いわゆる確変。大当たりの確率や小当たりの確率を上昇させて、当たりやすくなる状態)にも入ったのだそうです。

「いくらパチンコをやったことがなくても、たったの1000円で当たることがあるなんて、さすがに思わなかったですね。そのときはビギナーズラックだったのか、大当たりして。確変の意味も当時はわからなかったので、慌てて店員さんを呼んで、どういうことなのか聞いたぐらいです。箱(パチンコの玉を入れる箱)がどんどん席の後ろに積まれていき、置ききれずにホールにまで箱が積まれ、結果的に、初回は10万円近く勝ちました」

このビギナーズラックで、涼子さんはパチンコにのめりこんでいくことになります。

1 2