【貧困女子】セレブ婚の現実はドケチ夫の支配の7年間……シェルター避難からの離婚でハマった宅配フード~その2~

【貧困女子】セレブ婚の現実はドケチ夫の支配の7年間……シェルター避難からの離婚でハマった宅配フード~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。お話を伺った尾田千恵子さん(仮名・39歳)は、半年前に離婚。元夫の年収は3000万円だったといいます。

その1はこちら

離婚を視野に入れて、家出してから1か月。鬼のようにかかってくる元夫の電話を完全無視し、シェルターに身を寄せ、それから知人の紹介で住み込みで働ける夜の仕事に就いた千恵子さん。

「元夫は、女性がいないと生きていけない。1か月間、私がいなければ、すぐに別の女性を引き入れて、私との離婚がスムーズになると思ったのです。次の女性ができないと、異常なまでの執着心で、私の離婚の意思を認めないと思いました」

その目論見が功を奏し、家を出てから2か月後に離婚が成立。

「元夫に直談判して、離婚届に判を押してもらいました。てっきり『俺をバツ3にしやがって』と激怒するかと思いましたが、元夫はキャバ嬢と深い仲になっていたんです。『今までのプレゼント代を返せ』と言う夫に、『あなたの会話はすべて録音しており、家庭内レイプやDVも記録済み。出る所に出てもいいんですよ』とハッタリをかましたら、元夫がひるんだんです。離婚届に判をもらい、鍵を返し、家にあったありったけの金目のものをトランクに入れて家を出ました」

その足で質屋に向かったそうです。元夫からのプレゼントは、総額200万円で引き取ってもらえたとか。

「あれは感動的でした。今思えば、すごく安く買いたたかれたのですが、あのときはお金が無かったので涙が出るくらい嬉しかった。そのお金で家賃10万円の新宿区内のマンションを借りられたのです」

夜の仕事をやめて、再び契約社員として登録するが、生活費は足らず……

1 2
恋愛講座 恋愛運 浮気事件簿 時短 アラフォー 結婚 婚活 不倫 占い 金運 恋愛 iPhone アプリ 運勢 貧困女子 セカンド 派遣 美人探偵 浮気 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。