【セカンド女子】2人をくっつけたのは私。元彼、女友達との三角関係の終止符のタイミングは……~その2~

【セカンド女子】2人をくっつけたのは私。元彼、女友達との三角関係の終止符のタイミングは……~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、関西で旅行会社のパンフレットなどを作る会社の制作スタッフとして働く伊藤純子さん(仮名・36歳)。黒ぶちの眼鏡がよく似合う、知的で真面目そうな雰囲気のある女性です。出身は兵庫県で、両親と2歳上に姉がいる4人家族。両親は小さい頃から不仲で、父親に遊んでもらった記憶はなかったそう。大学時代のバイト先で出会った1歳上の男性と付き合いますが、彼からの依存がきつく、1年ほどで自ら別れを告げます。しかしそれは彼のことを思ってのこと。まだ彼のことが好きだった純子さんの思いとは裏腹に、彼は純子さんの気持ちに気づくことなく。新しく入った女性と付き合うことになり……。

「協力してしまったけど、彼とは付き合ってほしくなかったです。いつか告白し直すつもりでいましたから。でもその思いは見事に打ち砕かれ、しばらくはバイト先はもちろん、学校も行けなくなるくらい凹みましたよ。でも両方とも友達だったし、平気なフリを続けるしかありませんでした。こんな感じになっても、彼女のことも嫌いになれなかった。そのくらい彼女はいい子だったんです」

そこから2年が経ち、就職のために彼と純子さんはバイト先を辞めますが、2人は付き合ったまま、そして3人の仲も続いたそうです。

「彼とも、彼女とも2人で飲みにいくこともあったし、3人やバイト先の他の人もいれて4人で飲みにいくことも多かったです。バイト先を辞めてからも続いていたのは数人だったので、仲はより親密になりました。

彼女は私と彼が昔に付き合ったことを知っていても、2人で飲みに行くことを反対しませんでした。信用してくれているんだなと嬉しく思う反面、彼のことを全然諦められていないから罪悪感も大きくて。

そんな時に、彼から彼女とうまくいってないと相談を受けるようになったんです。『あの子といても前みたいに楽しくない』って彼が口にした時、ひどい話ですけど気持ちを伝えずにはいられなくなってしまって……。そこから過去の付き合っていた時の思い出話になり、お互いの気持ちがお酒もあって盛り上がってしまって、その日は私の家で一晩一緒に過ごしました」

彼女には戻れず、浮気相手のまま関係は続き……

1 2
貧困女子 運勢 婚活 恋愛 セカンド 浮気事件簿 金運 美人探偵 恋愛講座 アラサー 占い 浮気 時短 アラフォー その1 不倫 アプリ 結婚 キャリア 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。