【セカンド女子】付き合って2か月で自分勝手な子作り宣言!NOと言い続けた女性が受けた最後の仕打ちは……~その1~

【セカンド女子】付き合って2か月で自分勝手な子作り宣言!NOと言い続けた女性が受けた最後の仕打ちは……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の化粧品会社にてヘルプデスクの受電業務をしている岡田梨香子さん(仮名・33歳)。落ち着いた暗めの茶髪はゆるいカールがかかっており、少なめにおろされた前髪の隙間から見えるハッキリとした太めの眉が印象的です。服装は青と茶色のボーダーシャツに、黒のスリムパンツを合わせています。ややつり上がった目と眉から、第一印象は気の強そうな雰囲気を感じました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は東京で、母親との2人家族です。父親とは私が小学生になる前に離婚しています。でも、離婚後も父親はたまに家に遊びに来たり、2人で出かけたりしていました。それに3人で出かけることもありました。両親は性格の不一致で離婚したと聞いているんですが、私が覚えている両親はケンカすることなく仲が良かったんです。だから小学生の時はよく両親に『再婚して』とお願いしていましたね。それぐらいうまくいっているように見えたから。まぁそれはかなわなかったんですけどね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。母子家庭だったけど、父の援助もあって大学まで行かせてもらいました。

彼は同じ大学の友人の彼氏の友人で、紹介されて付き合うことになりました。彼は同い年で、高校卒業後に飲食店に就職して、レストランバーのウェイターをしていました。顔は特にタイプじゃなかったけど、同い年の友達のほとんどが大学生の中、就職していたのでお金の使いっぷりがよくて、すべてのものを彼が払ってくれていました。ご飯代はもちろん、一緒に本屋やCD屋に行くと気に入ったものをプレゼントしてくれたり、コンビニでのガムやジュースさえも彼は私に払わすことはありませんでした。面倒見もよくて、年上みたいに頼りになるところが大好きだったんですが、彼は結局年上の女性と浮気をして振られました。別れる時には『おまえの世話がしんどい』みたいなことを言われたんです。頼んだことなんてないし、彼の好意でしてくれていることだったので、ショックでしたね……」

その後、友人から男性を紹介されたり、合コンに誘われたりしたものの、彼氏はできなかったと言います。

「彼と付き合っていた期間は8か月くらいなんですが、思いのほか、ひきずってしまったんです。忘れたい思いから友人に紹介を頼んだりしていたのに、どうしても彼と比べてしまっていました。彼を超える人ということで10歳くらい上のサラリーマンと合コンをしたこともあります。でも、大学生相手に口説いてくる姿とかにひいてしまって……。大学時代は結局、彼以上に人に出会えずに、誰とも付き合ったりしていません」

就職先は半年も経たずに挫折。つなぎのスーパーで働き出し、出会った夢を持った男性と……

1 2
キャリア その1 結婚 占い アラサー 金運 美人探偵 時短 運勢 セカンド アラフォー 恋愛運 婚活 恋愛 アプリ 浮気事件簿 貧困女子 不倫 恋愛講座 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。