「かかりつけの婦人科」を持っている女性は4割以下……女性が感じる婦人科への抵抗感とは?

「かかりつけの婦人科」を持っている女性は4割以下……女性が感じる婦人科への抵抗感とは?

堅実女子の皆さんは、かかりつけの「婦人科」はありますか?生理管理アプリ「ルナルナ」を運営する「株式会社エムティーアイ」が行なった調査結果によると、「かかりつけを持っている」と答えた女性は39.9%だそう。女性のからだを専門的に診る診療科目にかかわらず、かかりつけとして認識している婦人科がある人は半数以下なのです。

婦人科は妊娠・出産する人とがん検診の人が行くところ?

なぜ日本の女性は、婦人科のかかりつけ医を持っている人が少ないのでしょうか?その理由を探るべく、まずはかかりつけを持っている人に「かかりつけの婦人科を持つことになったきっかけ」を調査。結果は以下の通りとなりました。

妊娠・出産予定のない世代では、月経不順や異常で来院することが多いと思います。

一番多いのは「妊娠検査・妊娠診断・出産」(19.6%)。出産を行なうのは婦人科ではなく「産科」ですが、そのほとんどが両方を兼ねた「産婦人科」となっています。その結果、妊娠や出産で受診した場所が自然とかかりつけの婦人科となるケースは多いようです。次に多いのは「がん治療」(14.3%)。多くの自治体では子宮がん検診を無料で行なっているので、対象年齢になった人が近くの婦人科で検査し、そのままかかりつけになるのでしょうか。

ただこの結果を見ると、妊娠やがん検診がないと婦人科へ行くきっかけがつかみにくいともいえます。その結果20代などの若い世代は、足が遠のいてしまうのではないでしょか。実際同調査によると、20代後半は婦人科の受診率が79.5%なのに対し、20代前半はガクッと下がって60.9%。さらに10代となるとわずか31.8%しか受診していないといいます。

1 2
アプリ 恋愛 浮気事件簿 時短 その1 アラサー セカンド 結婚 恋愛運 キャリア 占い 貧困女子 運勢 浮気 美人探偵 恋愛講座 婚活 金運 アラフォー 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。