【派遣女子・更新なし】こんなはずじゃなかったのに……気づけばアラフォー、孤独死が怖いおひとりさまに~その2~

【派遣女子・更新なし】こんなはずじゃなかったのに……気づけばアラフォー、孤独死が怖いおひとりさまに~その2~

結局、婚活もうまくいかず、派遣での仕事の紹介も減り始めた34歳の時に、埼玉にある実家に帰ります。実家では子供が生まれた弟夫婦の面倒を母が見ており、「お前は何もしない」「実家で暮らすならお金を入れるように」と口うるさく言われたと言います。

「母には“好きで1人でいるわけではないし、遊んでいるわけでもない”と言ったのですが、わかってもらえないんです。合コンしようにも、友人にも既婚者が増え、新しい出会いも減ってきたし、合コン相手の選り好みをしていたら、友人がどんどん疎遠になっていきました。友人には“35を過ぎたら、選り好みしてちゃダメよ”と言われたりしたのですが、どうしても納得いく男性に出会えなくて……。結局、口うるさい実家から出て、38歳の時にまた1人暮らしを始めました」

今は、埼玉にある実家から2駅離れた駅でアパートで独り暮らし。30代半ばまでに、正社員になれるような就職活動をすればよかったと少し後悔しています。杏奈さんは40歳を迎えて、不安が増えてきたといいます。

「転職して正社員になれる見込みもなく、ただ1か月を手取り15万前後でやりくりするので精いっぱいの生活を送っているんです。今は一度、病気になると生活が立ち行かなくなるので、粗食でも自炊を心がけています。今年のGWは10連休なのですが、そのせいで手取りも減るし、一緒に出掛ける相手もいないので家に引きこもる予定なんです。学生の頃はあんなにリア充だったのに、40代で1人になるとは思いませんでした」

彼女は貯金もほとんどなく将来の不安もあるため、親には実家をもらう権利があると主張したといいます。しかし、弟とはそれが原因で疎遠になってしまったそう。

「70代の両親は、孫がいる弟夫婦に家やわずかな土地を譲りたいと言っているんです。実家には帰りづらいし、病気になっても看病をしてくれる人もおらず、このまま、1人で孤独死なのかなと頭に浮かんだりします」

今年のGWの予定はほぼゼロ、家でひきこもるという現実に、ますます「こんなはずじゃなかったのに……」とやるせない気持ちになるという。

1 2
アラサー 恋愛 結婚 不倫 セカンド アプリ 運勢 美人探偵 貧困女子 恋愛運 婚活 その1 金運 キャリア 時短 浮気 恋愛講座 アラフォー 占い 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。