【セカンド女子】LINE誤送信取り消しの落とし穴。ポップアップに表示された既婚の証拠~その1~

【セカンド女子】LINE誤送信取り消しの落とし穴。ポップアップに表示された既婚の証拠~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のデパートの地下で惣菜売り場を担当している石川京子さん(仮名・29歳)。長い黒髪は後ろできつく1つに束ねられており、おくれ毛などは一切なくワックスなどで固められています。服装は総柄が入ったハイネックに、デニムのジャケットを羽織り、黒のパンツと合わせています。京子さんはふくよかな体型をしており、服装はそれを隠すようにオーバーサイズのものが目立ちました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で両親との3人家族です。家族仲は普通ですよ。特に貧しいこともなかったし、海外旅行に行けるほど裕福ではなかったけど、夏休みには家族旅行によく行っていました。

家族関係でひとつ後悔していることといえば、母親は専業主婦なんですが料理やお菓子作りが趣味で、家には毎日おやつなどがいっぱいあって、それを制限なく食べてしまっていたこと。小学生高学年あたりからブクブク太っていってしまって……。あの時から今まで一度も痩せていないので、スタートが悪かったなと後悔しています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「お付き合いって言っていいのかはわからないんですが、短大の時に一度だけ合コンで知り合った人と仲良くなり、半年くらいは一緒にいました。半年といっても、会ったのは5回ほど。呼び出されたら行くような関係で、最後は呼び出されなくなって、そのままという感じです。でも、最初に声をかけてきたのはあっちで、見た目は純朴そうな雰囲気がある同い年の大学生でした。2人で会ってそういう雰囲気になった時に私が『付き合っていない人とは無理』と言ったら、『付き合おう』って言ってくれたから。学生時代は彼だけでしたね」

京子さんはずっとインドア派で、社会人になってからも休みの日は家で過ごすことが多かったそう。そのことを心配した母親から、お節介をうけるようになります。

「私は小さい頃から運動神経も悪かったこともあって、家で遊ぶことがほとんどでした。そんな中、マンガにハマってしまって、平日休日関係なく家でずっと読んでいましたね。就職先は今と同じところなんですが、接客なので週末は仕事で学生時代の友人とは休みが合わなくて。それに就職先は年齢層がバラバラで、休日に遊ぶような人もできなかったし。

しばらくすると、そんな家にずっといる娘を親が心配し始めて……。まず母親が通販でダイエット器具を買うようになり、部屋に溢れるようになりました。私の母親も少しぽっちゃりしていたので、一緒にやっていたんですが、まったく痩せませんでしたね。そしてその次に親が言ってきたのは、まさかのお見合いです。私も当時まだ20代前半で、結婚を目的ではないかもしれないけど、男性がいる知り合いの人たちのパーティーみたいなものに連れて行かれるんです。親と一緒に異性がいるパーティーなんか行っても気まずくて……。そこから休日に家に居ることが嫌になり、マンガ喫茶など外で過ごすようになったんです」

あるコミュニティーで1人の女性と仲良くなり……

1 2
美人探偵 アラフォー 不倫 結婚 浮気 恋愛講座 貧困女子 恋愛 占い 時短 運勢 浮気事件簿 iPhone 婚活 恋愛運 アプリ 金運 セカンド アラサー その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。