【セカンド女子】仕事もプライベートも頼られたい!承認欲求を埋めてくれた彼に与えられたポジションは“母親”~その1~

【セカンド女子】仕事もプライベートも頼られたい!承認欲求を埋めてくれた彼に与えられたポジションは“母親”~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告代理店で派遣スタッフとして働いている水田佳代子さん(仮名・39歳)。鎖骨まである茶色の髪は毛先が内巻きに巻かれており、平行の茶色の眉や、ピンクリップなど、全体的に年齢よりも若い雰囲気を感じます。服装はグレーの小花柄のロングワンピースに淡いブルーのカーディガンを合わせています。声も高く、ゆっくり話すところなどから、全体的に女性らしい柔らかな感じのする佳代子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は長野県で両親と6歳上に姉のいる3人家族です。父親は高校生の時に死別しました。その時には姉はすでに働いていて、父の保険もおりていたので大学までいかせてもらいました。家族仲は、実は母親との折り合いがずっと悪くて、姉ともあることで険悪になり、大人になってから和解した感じです……。母親はすでに引退しましたが、母親と姉が看護婦なんです。私も一度は医療の道に進もうと思ったのですが、母親と同じ道に行きたくないと変なところで意地を張ってしまって。今振り返ると後悔しています。国家資格はやっぱり年齢を重ねると魅力的ですよね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の時からずっと同じ人と、高校3年生の夏ぐらいまで付き合っていました。彼は幼馴染で家族公認の仲。お互いの家に泊まったりも平気で、ずっと一緒にいましたね。幼馴染といっても小学校の時はそこまで仲良しじゃなくて、中学に入ってお互いを異性として意識してから急にといった感じです。別れたきっかけは私に他に好きな人ができてしまって。当時父が病気で不安定だったのを支えてくれたのが、同じ個人塾に通う別の男の子だったんです。その子のことが好きになって別れました。でも、その子とも結局うまくいかなかったんですよ。彼と別れたと言っても告白してきてくれなくて、私からも告白できなくて、塾が終わるとそのまま疎遠になってしまいました」

佳代子さんは都内の大学へ進学。母親は進学を認めてくれたものの、姉は大反対。そこから姉との長い確執が始まったと言います。

「母親は都内への進学と毎月の仕送りを快諾してくれました。私に早く家を出て行ってほしかった雰囲気も感じ取っていたから、進学がきっかけでお互いに角が立たずによかったんだと思います。でも、姉は実家から働きに出ていて、家にもお金を入れていることもあり、親のすねをかじっている私がムカついたんじゃないかな。実家から通えるところにしろって最後までうるさかったけど、最後にはお互いに完全に無視するような状況になって、実家を出ました。そこから、大人になって姉が結婚するまでは連絡を取り合うことはなかったですね。私もその間一度も実家に帰りませんでした。歓迎されないってわかっているのに、帰れませんよ」

都内に残り就職。仕事もうまくいかず、7年付き合っている彼氏から結婚の2文字もなく……

1 2
その1 不倫 浮気事件簿 恋愛運 時短 美人探偵 占い 婚活 キャリア アラサー 浮気 セカンド 金運 恋愛講座 恋愛 アプリ 運勢 貧困女子 結婚 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。