【朝活のすすめ】Vol.3 朝時間の達人に聞いた!朝の時間の使い方が、自信につながる

【朝活のすすめ】Vol.3 朝時間の達人に聞いた!朝の時間の使い方が、自信につながる

毎日、仕事やプライベートで時間が足りないと感じている働き盛りの堅実女子にとって、早起きすることで、なにか有意義な時間を過ごせたらいいなあと考えている人も多いのでは? 朝のライフスタイルマガジン『朝時間.jp』のプロデューサー澄江元美さんと、ディレクター江口日登美さんのお二人に、朝活すると自信が持てる!? 朝活のいいところについてお聞きしました。

気になる早起きのコツのVol.1はコチラ! 朝が楽しみになるお薦めの朝食はVol.2のコチラ

『朝時間.jp』のプロデューサー澄江元美(右)さんと、ディレクター江口日登美(左)さん。

朝時間は、自分のやりたいことをする時間 

朝の思考がクリアな状態で、一日のスケジュールをチェック!

朝時間の達人のお二人には、早起きをするコツや、朝が楽しみになるご飯を教えて頂きました。どんどん早起きに前向きになってきていますが、朝活を続けていくうちに、なにか変わったことってありますか?

澄江さん「朝時間をに意識することで自分の人生に向き合っているという感覚がありますし、考え方が前向きになる気がしますね。朝に3行日記を書くのもオススメです。朝から愚痴を書きたいって思わないじゃないですか。夜悩むのなら、朝に前向きなことを書くことで、ポジティブになれる気がしますね」

なるほど。少しでも長く寝ていたい! そう思う働き盛りのアラサーOLにとっては、将来、子育てをしながら働くことができるのだろうか……と不安もいっぱい。江口さんはお子さんがいらっしゃいますが、最初から朝型の生活だったのでしょうか?

江口さん「ママになる前は完全に夜型でした! ぎりぎりまで飲んで寝てという生活でしたね(笑)。今も、早起きにはなりましたが、立派な朝活はできていなくて、家事や育児をやっているだけなんです。でも、昔と違うのは、一日を自分でコントロールできているという実感があること。朝に余裕があることで、“今日はこれをやるぞ”と、段取りを組んで動けています。昔は、流れるように会社に行き働くだけだったのですが、今は自分で舵をとって1日を、こなせるようになってきていますね」

そうだったのですね。朝活の達人の皆さんは、最初から朝型の生活だったではないか心配でした。ズバリ、早起きによって朝活をすることでなにが一番よかったでしょうか?

「朝の時間を上手く使えば、考え方もポジティブになっていきます」と澄江さん。

澄江さん「早起きすること自体はもちろん、朝活で感じる心地よさや満足感という成功体験を積み重ねられることで自信につながることでしょうか。朝活というと、資格取得や勉強など目標達成のためと思いがちですが、生活のクオリティーをあげるために、まずは朝の時間を使って“やれたらいいな”と思っていることをやってみてください」

江口さん「私の場合は、5歳児の育児中なので、早起きした時間を使って家事や育児をしています。朝食や洗濯、通園準備だけでなく、例えば、夜ごはんの準備をしたり、掃除を済ませたりしています。朝に家事をこなした分、夜に自分の時間が持てるんです。また、子どもが起きる前の朝時間は、ゆっくりメイクをしたりその日のコーデを考えたり、自分のためにも活用しています。

一人暮らしさんだったら、玄関の片付けとか、ちょっとしたことでもいいんです。一日を快適な時間を過ごすための、朝時間という感じですね。やりたいことがぼんやりしていたり多すぎるとブルーになってしまうので、朝に何をしておくと自分が快適になるか、それを見つけるのがポイントだと思います」

朝時間を大事にしている人がやっている習慣は……?

1 2
美人探偵 占い アラフォー アラサー セカンド 時短 浮気事件簿 恋愛講座 結婚 不倫 キャリア 婚活 その1 金運 恋愛運 恋愛 貧困女子 アプリ 運勢 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。